マガジンのカバー画像

「4C速読・読書・学習法」大百科

93
4C|change(変化)・challenge(挑戦)・chance(機会)・choroi(ちょろい)! 既存の「読書会」・「速読」・「学習法」の 常識を覆すアウトプット主体 … もっと読む
運営しているクリエイター

#読書法

「やりたいことは全部やろう」の本当の意味 巨匠ピカソを3年間独占した伝説のコレク…

誰もがお金の不安を抱えています。 「貯金以外の投資をしたいけど、怖い」 という声をよく聞き…

人生を変える1Book・3Point・1Action 電気の父 ろうそくの科学 マイケル・ファラ…

マイケル・ファラデー(1791年~1867年) 「電磁誘導の法則」、 「反磁性」、「電気分解の法…

電子書籍端末(kindle)vs紙の本、読解力は本当に変わるのか?紙の本の方が良いあるポ…

読書は紙の本でしますか? それともkindleのような 電子書籍端末ですか? 電子書籍端末は秀逸…

最も安くて誰でもできる最強の勉強法は、【テストすること】+α。このαとは?

「ここテストに出るよ!」 そう言われれば、どんな勉強嫌いでも ちゃんと授業を聞きますよね…

あなたも朝50万字の速読をしたことがある!速読を学ぶべき本当の理由

「速読はできるようになりたいですか?」 そう聞かれたら、なんと答えますか? たぶん誰でも…

記憶力を上げるには、「落ち着かない」こと 感情体験が残る記憶を創る

「記憶術」 能力開発における 永遠のヒット商品です。 誰もが欲しい能力ですよね。 では、そ…

20歳以上の男女が一番後悔しやすいことは、恋愛でも冒険でもない。人生の問題を解決するマスター・キーを教えます。

1989年、アリゾナ大学の リチャード・キニアは、 316名の参加者に 次のような質問をしました。 誰でも考えてしまう問いですよね。 調査対象者は幅広く、次の3世代でした。 A 20~29歳 B 30~55歳 C 64歳以上 当然、人生経験には差があります。 しかし面白い共通項がありました。 1. 「学ばなかった後悔」は一番、響く すなわち、どの世代においても 「もっと勉強をしておけばよかった」と 後悔を覚えていたのです。 裏を返せば、誰もが「学び」次第で 人生は

スキ
92

「技を盗め」「背中をみておぼえろ」は時間がかかりすぎる!英国を救った超短期職人ワ…

オンライン教育が全盛です。 あらゆるコンテンツがYouTubeや Udemyにあります。 しかし、価値…

独学で上達した分野こそ、多人数クラスにすすんでほしい理由 人の目が成長につながる…

「独学」か「集団学習」か? オンラインが発達した今、 改めて問われている問題です。 「YouT…

天才メスチンパンジーが教えてくれる大人の学習と仕事の極意

「数字が苦手」「長文は苦手」 大人になってもよくある悩みです。 残念なことに学生の頃に、 …

たった1ステップで発想力が11%上がった方法とは?シカゴ大学が証明した簡単・無料の…

「新しい発想がでてこない」 子供から国の宰相まで悩むことです。 大人の教育では最重要課題で…

私達が「死ぬ」ことよりも恐れるべきもの あなたが見ている世界 見てない世界

問題です。 次の写真をごらんください。 ▲写真提供 shutterstock さて、あなたの視線は写…

3つの言葉をつなげれば、人は動く。昔話の時代から続く、「行動力」と「影響力」を生…

「むかし、むかし、あるところに」 お話の定番の始まり方です。 思えば「お話(ストーリー)…

なぜ37億円を手に入れた宝くじ高額当選者は、20ヶ月後に自ら命を絶ったのか?人生で本当に必要なお金の使い方

「『宝くじ』で人生逆転!」 多くの方が憧れることです。 一方で、宝くじが当たった人の 悲惨な末路の話はよく聞きます。 「自分はしっかり管理するから  大丈夫!」 「自分は誰にも言わないから  大丈夫!」 「自分は寄付をして、善いことに  使うから大丈夫!」 でも、果たして当選したら その通りにできるのでしょうか? 先人の例をみてみましょう。 1. ビリーの場合 破産から一発逆転、資産管理もしたのに・・・ ビリー・ボブ・ハレル・ジュニアは 1997年にテキサスの宝くじ

スキ
115