見出し画像

なぜ責任を背負わされた老人ホームの住居者達は、心の健康と長寿を手に入れたのか?40年前の伝説の研究が伝える幸せな人生のたった2つのポイント

1. 責任は心を健康にし、信頼を作る

1978年ハーバード大学の
エレン・ランガーらは
素晴らしい研究を発表しました。

老人ホームの入居者52名
(平均入居期間3.9年)を
看護師の協力のもと
次の2群にわけます。

A群

入居者ご自身に今後、
自分の在り方や日々の選択に
責任を持ってほしい
と伝えます。
そして、ホーム内の植物の水やりを
活動として任せました。

B群

入居者自身に献身するスタッフの
責任
を伝えました。その一貫として
植物のお世話はスタッフがすると
宣言しました。

画像5

あなたが入居者ならばどう感じますか?
B群の方が、労られている気がしますよね。

研究チームは、気分、意識、社交性、
精神的態度、身体活動などの
9つの項目について調査から18ヶ月後に
アンケートをとりました。

通常、こうした項目はホーム生活が
続くと徐々に減少していきます。

この点、興味深い結果がでました。

プレゼンテーション1

なんと、やるべき責任を
背負わされたA群の方が
免除されて労られたB群よりも
【約33%】も高く、心の健康を保っていたのです。

しかも、かえってホームに対する
信頼も【約26%】も上がっていました。

しかし、これだけではありません。
さらなる驚きの結果が待っていました。

2. 責任感は生きる力を2倍にする

それは、単刀直入に言えば
「18ヶ月後のお亡くなりになった割合」でした。

責任を免除されたB群のご老人の死亡率は
約30%(13/44)でした。しかし、果たすべき
責任のあるA群のご老人の死亡率は、その半分の
約15%(7/47)だったのです!

果たすべき責任の存在は、免疫力などの
生きる活力を倍増させたといえます。

画像6

なお、研究チームは調査期間中、
参加者たちに特別講座を行いました。

出席率は両群とも同程度でしたが、
質問したのは、すべて日々の責任を
持っていたA群のご老人ばかりでした。

3. 選ぶ自由と果たす役割があれば、人は生きられる

いかがでしたか?

日々の活動に選択の自由と
果たすべき責任を持たせることは、
このように生きる力になるのです。

人は楽をしたい動物です。
一方で、熟達しその場に
貢献できる活動には
積極的に参加したいものです。

「日々、選ぶ自由を感じながら
自分の役割が分かっていること」

生きるに値いする人生は
このようなシンプルなものなのですね。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

何かスキルを学ぶときも
この点を検討してみましょう。

「どのように日々使えるか?」
「自分以外の人にも役立つか?」

この点、日本発祥世界800万人が
実践する健康法レイキは、両者を満たし
一生モノのスキルになるはずです。

本記事にも登場したハーバード大学では
研究所もあるほど、「よく生きる」スキルとして
注目されつつあります。
興味のある方は、
下記のオンラインセミナーで
その魅力をお伝えします。

▼詳細は黄色いボタンをクリックしてください

レイキ講演会

詳細はこちら

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE


参考論文


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。好機萬来!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位