見出し画像

米国大統領の過半数が実践。実は、【落書き】をしている人の方が、話の内容を理解していた!「書く」ことで起きる脳の調整効果とは?

問題です。
「アメリカの歴代大統領44名のなかで
何名が議事中、【落書き】をしていた
でしょうか?」

答えは、「26名」です!
結構、やってますよね。

「落書き」は必ず注意されます。
でも、実は「落書き」には
思わぬ効用があるのです。

1. 大人に落書きを許すとどうなるか?

2009年、プリマス大学の
ジャッキー・アンドラードは
こんなユニークな実験をしました。

18歳から55歳までの40名の
参加者の協力のもと、
「落書き」の再評価実験をしました。

ダミーの実験をした帰り際に呼び止め
イライラ気味の参加者に
こんな課題をやってもらいます。

静かで暗めの部屋で、2分半
あるテープを聞いてもらいます。

画像2

内容は、あるパーティに
参加する招待者の名前と
招待しない人の名前の読み上げです。
また、意図的に無関係な地名も
混ぜられていました。

アンドラードは、参加者を次の2群に
分けます。

A群 メモ+落書きをしてもらう

内容のメモ用紙に
1センチの四角や丸の図形の列が
書かれており、リスニングの間
自由に陰影をつけて、落書きしても
よいと指示した。

B群 メモだけ

ただのメモ用紙だけを渡した。

さて、どちらのグループが
正確にリスニングをしたのでしょうか?

2.「落書き」は心の自然なストレッチだ

結果は、意外なものでした。

プレゼンテーション1

なんと、落書きをしたグループの方が
落書きしなかったグループよりも
約29%も正確なリスニングをしていたのです

普通は逆になりそうですよね。
なぜ、このような現象が起きたのでしょうか?

アンドラードは、「落書きによって
心の放浪(マインド・ワンダリング)が
減ったから」
という仮説を述べています。

「気づけば、ボーッとして
関係ない空想をしている。」
誰でも経験がありますよね。

こうした白日夢のような現象が
心の放浪(マインド・ワンダリング)」です。

カリフォルニア大学の
ジョナサン・スクーラーらによれば、
何かタスクをしている時間の10~50%は
この状態であるそうです。

画像3

もちろん、心の放浪によって
現状に囚われない問題解決法が
見つかる利点もあります。

とはいえ、目の前の課題から
注意がそれている事には変わりなく
よりよい解決にはのぞましくありません。

この点、落書きによる
意図的な反復作業は、
こうした「心の放浪」を中断させ
目の前の課題に注意が再び向かうのを
助けている可能性があるのです。

そう考えれば、「落書き」は
心の自然なストレッチであるともいえます。

3. 「書く」という癒しの手段を持とう

「癒し」といえば、
「聞く」・「見る」・「触れる」が定番です。

でも、ともすれば理性的に
思われる「書く」も大切な
ヒーリングの手段です。

心を未来に遊ばせながらも
今すべきことを忘れない。

画像5

自由に「書く」ことを通して
実は人はそんなことを
実現しているのです。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

そのために役立つ
「書く」ためのツールが「手帳」です。

ただし、普通の予定管理の手帳では
「癒し」は生まれにくいでしょう。
そこで役立つのが2020年に生まれた
世界初「予定」ではなく「夢」を
管理する手帳「宝地図手帳」です。

もし興味のある方は、開発者が
オンラインセミナーで直接
その魅力をお伝えします。
▼興味の有る方は、下記の記事から
詳細をご確認ください


ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文













この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!フォローもお待ちしています。すべてはうまくいっている!
136
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位