見出し画像

人は寄り添う誰かがいるとき、自分の好きを思い出すことができる【ホームカウンセラーという生き方】

こんばんは
「魔法の宝地図」著者の望月俊孝です。

1. お釈迦様と神経科学が説く苦しみの源

「渇愛(かつあい)」という
言葉があります。

仏教では、物事への執着を示し
苦しみの根源とされています。

それは、感官への刺激や快楽、
命をもてあそぶ誘惑など
抵抗しがたい形で私たちの人生に
まとわりつきます。

1990年代、この「渇愛」に
意外なところから科学の光が
当たり始めました。

ミシガン大学の神経科学者
ケント・ベリッジは、薬物の
常習性の研究に没頭していました。

当時、薬物依存は脳内の
快楽物質ドーパミンの生成が
原因とされていました。

しかし、ベリッジはその説に
疑問をもっていました。

なぜならば、こんな実験を
独自に行なっていたからです。

実験用ラットに甘いシロップを与えます。
すると、喜んで自分の唇周辺を舐めます。

次にラットの脳に手術をし
ドーパミンの生成をストップさせます。

理論上、ドーパミンがでなければ、
快楽を感じなくなるはずです。

「好み」というものが存在しなくなるのです!

しかし、手術後も
シロップを近づけると
ラットは唇周辺を舐めるのをやめません。

そこには喜びはうかがえませんでした。

この実験は、神経科学の世界に
波紋を広げました。

やがて、こうした現象は
人間においてもみられることが
判明したのです。

「好きでもないのに、
 欲しくてたまらなくなる」

この執着性は、やがて
「渇望(wanting)」として
認識されるようになりました。

「渇愛」と同義であることは
言うまでもありません。

2.人は「好き」よりも「渇望」で動いている

ベリッジは言います。

プレゼンテーション1

これはなぜでしょうか?

ベリッジは続けます。

「欲する気持ちのほうが強く、
 大きく、広く、パワフルだ。
 好きだという気持ちは解剖学的に見ても
 微小で脆い。
 別の対象へと簡単に気が散りやすいし、
 脳の極めて小さな領域しか占めていない。」
「それとは対象的に、欲しいという
強烈な気持ちが起きると、遮るのは困難だ。」

意外なことに、薬物常習者の大半は、
薬物の危険性を理解しており
嫌悪感すら抱いているそうです。

しかしそれでも廃人になるまで
やめることができない。

ここに「渇望」の恐ろしさがあります。

これは遠い世界の話ではありません。

たとえば、通知と更新を繰り返す
スマートフォン。

気がついたら触れていて
何時間も過ぎてしまう方も
多いのではないでしょうか?

それが心から好きならば、構いません。
でも、その問いかけをする間も許さず
襲ってくるのが「渇望」です。

すべての「苦しみ」には
「渇望」があります。

仏教では、この「渇望(愛)」を
止めた先に「解脱」があるといいます。

つまり、幸せへの道筋はとてもシンプルです。

画像2

そのためには、まず
あなたの心から好きなことを
思い出すことが必要です。

では、どうすればいいでしょうか?

3. 「ネズミの楽園」が教える好きを思い出す秘訣

もう1つ、驚くべき
実験を紹介しましょう。

1980年、サイモン・フレーザー大学、
ブルース・アレグサンダー博士は
後に伝説となる実験を行いました。

ラット・パーク(ねずみの楽園)実験

アレクサンダー博士は、薬物中毒の原因が
その成分以上に、外部的要因(生活環境)
引き起こされると考えていました。

博士はラットに2つの空間を用意しました。

1つ目は、通常のせまい檻です。
通称、「植民地」です。

2つ目は、真逆の環境です。

広さは通常の檻の20倍。
壁には自然の絵がかかれ、巣作りに最適な
常緑樹のウッドチップや缶などが置かれます。

ラットたちはこの空間で好きに遊び
巣を作り、交尾や子育てまでできます。

博士はこの空間を
「ラットパーク(ネズミの楽園)」
と名付けました。

実験がはじまりました。

「植民地」には1匹のラットが
「ラットパーク」には
複数のラットが入ります。

彼らの前に、甘い砂糖水と
中毒性のあるモルヒネ入りの水
が置かれます。

通常、ラットは甘い砂糖水を好み
苦いモルヒネを嫌います。

しかし、「植民地」にいる孤独なネズミは
「楽園」のネズミよりも早く
モルヒネ入りの水を飲みだし
酔い始めました。

その量は最終的には
「楽園」ネズミの【19倍】になりました!

他方、日々仲間とのびのび交流する
「楽園」ネズミはなかなか
モルヒネ入りの水には手を出さず
たとえ飲んだとしても、次の回は
従来の好みを優先し、
砂糖入りの水を飲みました。

驚くべき発見は、続きます。

狭い「植民地」の檻のなかに
なんと57日間もモルヒネ水だけを
与え続けられた哀れなラットがいました。

そのラットを豊かな空間と仲間のいる
「ラットパーク」に住まわせます。

すると、砂糖水とモルヒネ入りの水を
並べられると、本来の好みである
砂糖水を選ぶようになったのです!

4.人は寄り添う誰かがいるとき、自分の好きを思い出すことができる

このラットの尊い犠牲による実験は
私たちにこんなことを教えてくれます。

画像3

「渇望」の人生は、地獄に向かいます。

そこには、
【依存】と【執着】と【衰退】があり
終わりのない苦しみが待っています。

一方、「好き」の人生は、天国につながります。

そこには、
【進歩】と【成長】と【創造】があり
目的地に向かう道のりすら
喜びに満ちています。

両者を分けるものは、ただ1つ。

寄りそう仲間がいるかどうか

「天」という字が
「二(ふたり)の人(ひと)」と書くように。

他人の人生を背負う必要はありません。
変えてあげようと意気込む必要はありません。

ただ、寄り添うこと。

それだけで人は自分の好きを思い出し
自分の力で人生を変えることが
できるのです。

5.「寄り添う」のエキスパートになる
安心・安全な新時代のカウンセリング技法「ホームカウンセラー」

ここまでお読みいただいた
あなたに1つのご提案があります。

2020年のコロナ禍で多くの方が
苦しみを感じ、自分の命を断つ
悲劇が増えています。

しかしながら本記事で
お伝えしたように、
人は「寄り添う」だけで
自分の生きる活力を思い出し
自分の手で立ち上がることができます。

私たちはそうした
「寄り添い」のプロとして
2020年5月より「ホームカウンセラー」という
資格を設立し、普及をはじめました。

人は「関係性」で癒やされ
誰もが自分の力で未来を
切り開く力を持っている

上記の理念と
安全安心なオンラインを活用した
新しい時代のカウンセリング技法は
急速に広まりつつあります。

お互いが安心・安全な空間で
体系化されたオンラインメソッドで
癒やしを育み、クライエントの
本当の望む未来を共に見つける。
そして「感謝」のなかで
ふさわしい対価をきちんと頂く。

そんなプロフェッショナルな生き方に
興味のある方は、ぜひこちらの
オンライン説明会におこしください。

7年間のべ2,500名と面談し
500名のカウンセラーを
育成してきた提唱者神戸正博本人が
あなたに語りかけます。

▼詳細は下記のバナーをクリックしてください

画像4

本日もお読みいただき
ありがとうございます。

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考文献(P.95~100)、感謝いたします


参考記事・論文









この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。叶う夢だから心に宿る
74
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド社)『癒しの手』(きずな)34冊、84万部、7ヶ国語出版。36歳、多額の借金、リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。