体感時間は一定ではない。オッドボール効果でラクに加速学習をしよう
見出し画像

体感時間は一定ではない。オッドボール効果でラクに加速学習をしよう

「時間が止まって感じた」

交通事故一歩手前の瞬間や
スポーツの決勝ゴールの瞬間など
よく聞く話です。
体験した方もいるでしょう。

体験者はそろって、
世界がより鮮明に見えて
大きな集中力が発揮されたといいます。

なぜこの現象を起きるのでしょうか?
そして意図的に起こせるのでしょうか?

1.時間の感じ方は簡単に変わってしまう

2011年 クイーンズランド大学の
ライアン・シンデルらは興味深い
研究を発表しました。

暗室で8名の参加者に
スコープ越しに
スクリーンの中央を見てもらいます。

そこではまず、白い棒が0.5秒表示され
0.3秒暗転するというパターンが
繰り返されます。

しかし7回繰り返された後は
角度(15度か45度)のついた
灰色の棒に変わり、
表示時間もランダム
(0.3秒~0.9秒)になります。

研究チームは、実験後、
参加者に棒が表示されていた
体感持続時間をたずねました。

その結果、参加者は、7回目以降の
灰色の棒の表示時間の方が
それまでの規則正しく表示された
白い棒よりも長い持続時間を
感じてました。

さらに灰色の棒においては、
15度傾斜のものよりも
45度傾斜のものの方が
より長く持続時間を感じていました。

2. オッドボール効果で学習を加速させよう

このような現象は
「オッドボール効果」
呼ばれています。

反復した刺激が続くと、人は
次も同じ刺激がくると予測して
行動の準備をします。その方が
代謝のコストが減るからです。

しかしそこにユニークで
変則的な刺激が急に生じたら
どうなるのでしょうか?

画像1

脳は通常とは異なる事態においては
「挑むか」か「逃げるか」を
瞬時に迫られます。

そこでできるだけ多くの判断材料を
つかむため、アドレナリンを調節し
体内の時間認識を遅らせます。

すると、通常よりも知覚持続時間が
広がって感じられるのです。

オッドボール効果は簡単に
私達の学習に応用できます。

読書であれば、まず最初に数回
ページを高速で流しながら
目で追ってみる。
音声教材であれば、まずは2倍速以上の
聞き取れるギリギリの速さで
全部聴いてみる。

当然、内容の理解は難しいでしょう。

でも、こうした高速の状態を
パターンとして認識した後で、
普通の速度を体験すると
オッドボール効果が生じて、
より鮮明に内容が体感できるのです。

あたかも自動車の運転で
高速から一般道に降りたときのように。

画像3

わずか数分の準備ですが、
ぜひやってみてください。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

私達はこうした脳の仕組みに
基づいた簡単で誰でもできる
速読・速学法をお伝えしています。
興味のある方は、こちらの
オンラインセミナーにお越しください。
▽詳細は下のバナーをクリック

4Cバナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。人生神芝居!
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』35冊87万部7ヶ国出版
著書『魔法の読書法』(イーストプレス)『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『癒しの手』(きずな)35冊.87万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈note急上昇ランク2位