見出し画像

3つの言葉をつなげれば、人は動く。昔話の時代から続く、「行動力」と「影響力」を生むストーリーの力

「むかし、むかし、あるところに」
お話の定番の始まり方です。

思えば「お話(ストーリー)」は唐突です。
語る言葉だけで、聞き手を今いる場所から
今ここにない空間に導いてしまいます。

ストーリーの語りだしの部分は、
ある意味「ワープ装置」です。

画像1

強力に注意をひきつけなければなりません。
では、そもそも「注意」とは何でしょうか?

アメリカの心理学者マイケル・ポズナーは
「注意」を次の3種類に大別しています。

手帳術講師

これを昔話「桃太郎」の冒頭に
当てはめてみましょう。

プレゼンテーション1

いかがですか?

誰もが知っている昔話の
書き出しは見事に
注意の3類型を網羅しています。

「いつ」、「何」を「どうするか」

今ここでない時空にいる人物の
日常とそこから始まる非日常が
見事に表現されています。

この3類型がそろうだけで、
私達は今ここにないお話の世界に
移動してしまうのです。

昔から大切な智慧や教訓は
ストーリーの力を借りて
代々受け継がれてきました。

画像4

そのため人間は、
誰かの「お話の始まり」の合図に
とても敏感なのです。

だからこそ、自分の想いを
注意の3類型に従って
整理してみましょう。

「いつ」、「何」を「どうするか」

すると、あなた自身が
自分が語りはじめたストーリーに
反応し、その続きを知りたくなり
「行動」が始まります。

次に、ストーリーを周囲に語ることで、
他者の注意をひきつけることができ、
「影響力」が生まれます。

まずは自分にストーリーを語ってみましょう。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

他人のストーリーを読む「読書」でも
同じことがいえます。
私達が本から最も吸収できるのは
細かい数値や統計ではなく、
他者の生きたストーリーです。

こうしたストーリーをいかに早く見つけ
自分の言葉にして共有するかが
最も大切な読書法なのです。
こうした観点から行う
「速読」×「読書会」が4C読書法です。

興味の在る方は下のバーから詳細を
ご確認ください。

4Cバナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考文献(P202)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!フォローもお待ちしています。すべてはうまくいっている!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位