早熟の天才はいなかった!傑作・成功を生み出すための見えない「沈黙の10年」の力
見出し画像

早熟の天才はいなかった!傑作・成功を生み出すための見えない「沈黙の10年」の力

「早熟の天才」か?
それとも「大器晩成」か?

いつの時代でも人は
人の才能に興味があります。

しかし、近年衝撃的な事実が
判明しつつあります。

ひょっとしたら、早熟の天才なんて
存在しなかったのかもしれないのです。

1. 大音楽家は早熟の天才だったか?


カーネギーメロン大学の
認知心理学者ジョン・ヘイズは
こんな研究をしました。

「芸術家が大傑作を生み出すには
 どれくらいの時間がかかるのか?」

ヘイズが真っ先に取り組んだのは
クラシック音楽の分野でした。

1685年から1900年に作曲された
何千曲もの古典を分析し、
今でも演奏され続ける【500曲】
絞り込みます。

画像3

ヘイズはこれらの名曲を作った
【76人】の作曲家のキャリアを分析し
名曲が生まれるまでにかけた時間を
調査しました。

その結果、驚くべき事実が
分かったのです。

2. 沈黙の時期が、傑作をうむ

なんと500曲のうち【497曲】
音楽家の道を歩み始めてから
10年後以降に作られていました。

この法則は、モーツァルトなど
神童とみなされてた巨匠にも
当てはまりました。

「早熟の天才が
インスピレーションを受けて
突然名曲を思いつく。」

僕らが思い浮かべるような物語は
やはりフィクションだったのです。

ヘイズはこの後、後世に名作を残した
詩人132人についても
同様の調査をしました。

こちらも全体の80%が、もっとも
創造的な作品の執筆に取りかかる前に
10年以上の準備をしていました。

ヘイズは天才が傑作を生むまでにかけた
準備期間をこう名付けました。

プレゼンテーション1

人は表に出ているものでしか
他人を評価できません。

しかし見える部分を作るのは
見えない準備の時間です。

その準備が長いほど根は深くなり
結果として大輪の花が咲くのです。

画像4

さて、あなたは、いかがですか?

密かにしてきたこと
隠れてしてきたこと

たとえ人に見せるほどではないと
思ってきたことでも、
積み重ねることで
信じられないような成果に
つながっているものです。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

沈黙の時期は、孤独です。
その中で続けていく励みになるのが
毎日の感情の管理です。
2020年に生まれた「宝地図手帳」は
挫折なく沈黙の時期をすすむための
最高のツールになります。

もし興味のある方は
開発者本人がこちらの
オンラインセミナーで
その魅力をお伝えします。
▼詳細は下の記事からおすすみください

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考文献(P.111)
参考記事


この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。人生神芝居!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位