恋愛中の恋人の写真は、脳にとっては「芸術品」だった!「やる気スイッチ」を入れるために見た方がいい写真とは?
見出し画像

恋愛中の恋人の写真は、脳にとっては「芸術品」だった!「やる気スイッチ」を入れるために見た方がいい写真とは?

「バラ色の恋愛中に、
脳で起きていることを解明する!」

2015年、日本の理化学研究所が
発表したユニークな研究です。

恋愛したての10人の参加者の協力のもと、
彼らに恋人の写真と普通の友達の写真を
用意してもらいます。

両者の写真をみたときの、
脳の活動の違いを計測するのです。

結果は面白いものでした。

1.  恋愛中の恋人の写真は、脳にとっては「芸術品」だった

恋人の写真をみているときは
生理的な興奮度や血液量脈拍による
自律神経活動が高まっていました。

まるで実際のデートしているかのような
気分の高まりです。

そして、脳内においては
特に内側眼窩前頭皮質(mOFC)の
ドーパミン神経が活性化していました。

ドーパミンは、運動を制御し、
学習や行動の動機付けをする
神経伝達物質です。
いわば「やる気スイッチ」です。

そして興味深いことに、この領域は
美しい作品や造形に触れたときや
母性愛を発揮したとき
に活性化する
部位でもあります。

バラ色の恋愛中のカップルにとっては、
恋人の写真は芸術品なのかもしれません。

2. 宝地図には「恋人の写真」はぜひ貼ろう!いない人でも・・・

私は、写真や絵をコルクボードに貼ることで
やる気脳を作る「宝地図」という方法を
お伝えしています。

その点から言えば、「恋人の写真」は
ぜひ貼りましょう。

画像3

もしそれがない方でも
自分が美を感じる作品や景色の写真
あるいは愛する家族やペットの写真を
貼ってながめるだけでも、

内側眼窩前頭皮質(mOFC)の
ドーパミン神経が活性化され、
「やる気スイッチ」が入ります。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

「宝地図」は誰でも楽しく簡単に
作れるものです。しかし、こうした
脳の心の仕組みを知ってからだと
効果は10倍高まります。もし、その点に
興味のある方はこちらの
オンラインセミナーにお越しください。
▽詳細は下のバーをクリック

宝バナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!フォローもお待ちしています。すべてはうまくいっている!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位