ノーベル経済学賞を授与された学者が証明!「年収」と「幸せ」は何の関係もなかった。
見出し画像

ノーベル経済学賞を授与された学者が証明!「年収」と「幸せ」は何の関係もなかった。

「収入が高いと気分が良いという考えは
広く浸透しているが、ほとんどは幻想だ」

2006年に世界的科学雑誌「サイエンス」に
投稿された1通の論文の書き出しです。

寄稿者の1人は、ダニエル・カーネマン。
ノーベル経済学賞の栄誉に輝いた心理学者です。

さて、その真相はいかに?

1.  年収と感じている幸福度は全く関係ない

研究チームは、1つの表を提示しました。

GSSが2004年に行った調査で、
世界の1,173名を対象に、世帯収入と
実際に感じている幸福度をまとめたものです。

プレゼンテーション1

黄色文字にご注目ください。

世帯年収が9万ドル(約990万円)以上の群は
2万ドル(約218万円)以下の群の約2倍
「すごく幸せ」と感じているようです
(42.9%VS22.2%)。

でも、興味深い点があります。

その1ランク下の
世帯年収5万ドル(約545万円)以上の群も、
感じている幸福度はほぼ同じなのです
(42.9%VS41.9%)。

さらに面白いことがあります。

「すごく幸せではないけど
結構幸せ」と感じている割合は、
世帯収入2万ドル(約218万円)以下の群が
最も多いのです(60%)。

なぜ、こんな現象が起きるのでしょうか?

研究チームは次のように考察しています。

プレゼンテーション1

ここに「豊かさ」の1つの真実があります。
結局、富とは相対的なものであり
競争の中で輝くものなのです。

逆にいえば、幸せの条件の1つは
「所得をあまり比べないですむ」環境に
いくことなのかもしれません。

その意味では、SNSの普及で日々
他人の豪華な生活アピールを見せつけられる
現在は、いやでも競争心をあおられ
幸せを感じにくい状況にあるといえます。

2. お金持ちが幸福感の代わりに感じているもの


研究チームはもう1つ興味深い分析を
発表しました。

10ヶ所の職場で働く374名の社会人への
健康調査データをもとに、個人所得と
精神的な健康の相関性を分析しました。

すると、個人所得が多い方ほど、
幸福感よりも、不安や緊張感などの
ネガティブな感情を経験していたのです。

個人所得の多い方は、資本主義の中では
競争の勝者です。ゆえに、常に興奮と
緊張を手放せないのでしょう。

3.幸せはこの場でも感じられる

いかがでしたか?

「収入を頑張って増やせば、
いつかは幸せになれる!」

多くの方が思っていることです。
しかし、本稿の研究により
それは神話にすぎないと言えます。

まずは今この場から幸せを感じましょう。
そこから、お金につながる自分の才能を
見つけていきましょう。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

本稿のように、私たちは多くの神話を
周囲の大人から教えられてきました。
もちろんそのすべては「あなたの
ためを思って」されたことです。

でも、大人になった今、もう一度
ご自身の本心からその神話を
見直してみませんか?その方法に
興味のある方は、こちらの
オンラインセミナーにお越しください。
▼詳細は下のバナーをクリック

画像3

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。叶う夢だから心に宿る
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位