最も安くて誰でもできる最強の勉強法は、【テストすること】+α。このαとは?
見出し画像

最も安くて誰でもできる最強の勉強法は、【テストすること】+α。このαとは?

「ここテストに出るよ!」

そう言われれば、どんな勉強嫌いでも
ちゃんと授業を聞きますよね。
特に落第や降格がかかった場面であれば。

「あとでテストをする」ことを
予定してから勉強をする。

ある意味、最もシンプルで効果のある勉強法です。

しかし、科学的にみるとさらに効率よく
しかも楽しい勉強法があるのです。

1.テスト+αの「α」とは?

2014年 ワシントン大学の
ジョン・F・ネストジェンコらの
研究チームは画期的な研究を発表しました。

56名の学生の協力のもと
クリミア戦争について書かれた
文章を10分間読んでもらいます。

繰り返し読むのはOKですが、
線を引いたりメモをすることはNGです。

画像1

さて、読む前に参加者は次の2群にわかれ
各々次のような予告をされました。

A群 「あとで教える」条件

テストを受けることは変わりませんが
その前に内容を他の参加者に
教えることを頼まれました。

B群 「あとでテストする」条件 

教材を配る前に、このあとで
教材の内容に関する
テストを行うことが指示されました。

その後にわざと25分間の別課題に
取り組んでもらった後、テストを受けます。
(なお、実際には人に教える時間は)
(設けませんでした)

テストは自由想起形式で
とにかく内容を思い出して
書いてもらうものでした。

さて、結果はどうなったのでしょうか?

2.あとで「先生役」になる人はアウトプットの質・量が変わった

研究チームは自由記述の内容をもとに
以下の点を分析しスコア化しました。

□内容をとらえている正確性
□思い出した内容量をその速度で
 割った「思い出す」効率性
□思い出した内容の量

結果は次のようなものでした。

教える前提の記憶

すなわち、後で仲間に「教える」ことを
予定した方が、テストを予定することよりも
アウトプットの正確性、効率性、量の
いずれも上回っていた
のです。

なぜこのような現象が起きたのでしょうか?

3. 最強の勉強法は、「テスト」+「人に教える」

研究チームは次のように考察しています。

教える前提の記憶

なにしろ、10分後には
テストを控えた他の仲間に
「先生」として教えなければ
ならないのです。読む集中力は
何倍にもなるでしょう。

さらにその姿勢も、
テストに出るような
「大事なポイント」と
「ポイント同士のつながり・組み合わせ」に
注目して吸収しようとするはずです。

記憶の研究においては、
これを「項目特異的処理戦略」
「関係的処理戦略」と言います。

この戦略はいずれも脳の
記憶の痕跡を強くします。
それにより情報を取り込みやすく、
再生しやすくするのです。

画像4

いかがでしたか?

最も効率のよい勉強は
「テスト」+「人に教える」ことです。

もし「テスト」が存在しなければ
ご自身で期限をきめて設定しましょう。
(本実験のように学んだことをできる限り)
(書きだすことでも構いません)

さらには、仲間や友人・家族に
学んだことを話してみて、
質問をもらったら
それにも頑張って答えましょう。

すると、より多く・より速く・
より正確に学ぶことができますよ。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

「テスト」+「他人に教える」は
あらゆる成長の場面に使えることです。
たとえば読書をより実のあるものに
したいとときも有用です。
「速読法」はたくさんありますが、
最も効果的な「速読」は他人の脳を
使っておこなうものなのです。
一体どういうことか?興味のある方は
こちらのオンラインセミナーにお越し下さい
▼詳細は下のバナーをクリック

4Cバナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文








この記事が参加している募集

学問への愛を語ろう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!フォローもお待ちしています。すべてはうまくいっている!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位