結婚しただけでは、【0.1】ポイントしか幸せは増えない!15年間の調査で分かった幸せな結婚生活の条件とは?
見出し画像

結婚しただけでは、【0.1】ポイントしか幸せは増えない!15年間の調査で分かった幸せな結婚生活の条件とは?

2003年、ミシガン州立大学の
リチャード・ルーカスらの研究チームは
男女のパートナーシップに関する
伝説的な研究を発表しました。

15年間、24,000名以上を対象に
結婚や離婚、あるいはパートナーと死別された方
についての、人生の満足度の変化を調べました。

史上最大規模の調査です。
結果は驚くべきものでした。

1. 結婚したから、人生が良くなるわけではない


まず驚くべき、結婚によりどれくらい人生の
満足度が高まったかです。

答えは、平均0.115ポイント(0~10点満点計算)!

あまりに少ないですよね。

2.  結婚生活が幸せかは、結婚する前の意気込み次第

心理学では、人の感情は最終的には肯定的な
ベースラインにおさまるという考え方が
あります(適応理論)。

そのため、結婚当初はぎくしゃくしていても
きっと最終的には仲睦まじい夫婦になると
考えられてきました。

しかし、15年間の調査結果はそれを
きっぱりと否定しました。

長期的に見て、結婚前よりも人生の満足度が
上がったのは、そもそも当初から結婚に対して
非常にポジティブな反応をした人たちだけ
でした。

画像2

結婚に対して、あまりポジティブでない
もしくは否定的な人は、長期的には、結婚前と
変わらないかそれ以下の人生の満足度に
なってしまっていたのです。

たしかに、結婚生活は喜びである反面
プライベートはなくなり、課題は増えます。
独身の頃から、豊かな親友関係があり人生を
謳歌していた方は、人生の満足度という点では
下がってしまうでしょう。

3. 出来事には「期待」ではなく、「決意」をしよう

いかがでしたか?
研究チームは次のように考察しています。

プレゼンテーション1

「結婚」というイベント自体に
人を幸せにする力はありません。
また「結婚」に向いている性格や
タイプがあるわけでもありません。

ただ、人それぞれ違う人生の流れの中で
「自分は『結婚』によって幸せになる!」と
決めている人同士が結ばれたときに
幸せな結婚生活があらわれるのです。

もちろん、これは「結婚」以外の
人生のイベントも同じです。

決意しているもの同士が集まったときに
「場」が生まれ、「事」が起きるのです。

だからこそ出来事に「期待」するのではなく
「決意」をしましょう。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

結局、大切なのは「幸せになる決意」です。
それがなければ、どんな良い条件を求めても
幸せな選択はできません。そして、決意であれば
自分1人で今この場でできることです。
ただし、多くの場合はある心の壁に阻まれて
なかなかそれができません。その正体と
乗り越え方を知りたい方はこちらの
オンラインセミナーにお越しください。
▼バナーをクリックしてください。

画像3

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。叶う夢だから心に宿る
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位