子豚が教えてくれたスーパーマーケットのシステムとは?発想は「鍛える」のではなく、「ゆるめる」ことで降ってくる
見出し画像

子豚が教えてくれたスーパーマーケットのシステムとは?発想は「鍛える」のではなく、「ゆるめる」ことで降ってくる

スーパーマーケットに行ったら
まず何をしますか?

手指消毒?偉いですね。
その次は?「かごを手に取る」

「お客様が自分で欲しい商品を集めて
最後に会計してもらう」
あまりにも当たり前の小売店の光景です。

しかし、これが当たり前でない
時代がありました。

1. 子豚が教えてくれた現在の小売スタイル

1916年、食料品の卸売業を営む
クラレンス・ソーンダースは
新規食料品店開業のための
偵察を任されました。

当時のアメリカの食料品店は
欲しい商品があれば、お客様が
それを店員さんに伝え取ってもらう
スタイルだけでした。

丁寧な反面、お客様が多い時は
時間がかかりすぎます。

ソーンダースはどこか画期的な
手法をしている店はないか
各地をまわりました。しかし、
どこも同じスタイルです。

徒労に終わった帰路、
彼は列車の窓からある光景をみます。

それは、養豚場のわきで
1頭の雌豚が、6頭の子豚に乳を
あげているシーン
でした。

画像1

なんということのない
のどかな牧場の風景です。

しかし、これがソーンダースに
大きなインスピレーションを
もたらしました。

「お客様に自分で商品を取ってもらう!」

2. 発想力は「強化」するものではなく、「ゆるめる」もの

ソーンダースはこの発想を
依頼主には隠し、密かに
実現化の策を練り、今に続く
システムを発明しはじめました。

買い物かご、値札、商品棚、会計レジ・・・

1917年、ソーンダースは自らこの
新しい店舗スタイルの特許を取り
自分の店をオープンしました。

名前は発想元の子豚にちなんで
「ピグリー・ウィグリー」。

たちまちこのスタイルは評判になり
6年間で全米29の州に1,200店舗が
開設され、ソーンダースはいちやく
大富豪になりました。

画像2

いかがでしたか?

すべての画期的なアイディアは
聞いてしまえば、拍子抜け
してしまうものばかりです。

では、多くの人が気づかないのは
脳のフィルターを
通過してしまうからです。

常識と真逆の考えは、
命に関する「危険」として
脳は「回避」反応を示します。

ここで大切なのは、
インスピレーションを
受けるには、発想力を
「強化」するのではなく
脳のフィルターを「ゆるめる」ことです。

するとソーンダースのように
目にうつる何気ない光景が
ヒントとなり
常識を覆す発想が浮かぶ
のです。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

「鍛える」のではなく
「ゆるめる」能力開発法として
おすすめなのが「レイキ」です。

日本発祥世界800万人が実践する
ヒーリングメソッド「レイキ」は
科学先進国アメリカではNo.1
医療機関が院内ケアで利用し、
ハーバード大学では研究所もあります。

興味の有る方は、こちらのオンライン
セミナーで直接その魅力をお伝えします
▼詳細は黄色いボタンをクリック

レイキ講演会

詳細はこちら

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考文献(P.215~217)




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。人生神芝居!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位