望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』36冊89万部7ヶ国出版
「歩きスマホ」中は、視界が95%消えていた!私達がなぜスマホから目を離せないのか?
見出し画像

「歩きスマホ」中は、視界が95%消えていた!私達がなぜスマホから目を離せないのか?

「駅構内や道路で歩きながら、スマホをみる」
こうした「歩きスマホ」はとどまることを
知りません。

もちろん地図を確認したり、急な連絡が
必要な場合もあるでしょう。

しかし、人間の注意力から見ると
「歩きスマホ」は予想以上に大きいのです。

1.歩きスマホ中は、視野が95%失われることも

2011年、視線計測の権威である
小塚一宏愛知工科大名誉教授は、
こんな衝撃な研究を発表しました。

学生に視線計測装置をつけてもらい、
混み合う西武新宿駅のホームを、
スマホを操作しながら、歩いてもらいました。

人混みをぶつからずに歩くことは
実はかなり難しい行為です。

そこでセンサーの働きをするのが「目」です。

そのため、頭を全く動かさなくても
視線は絶え間なく移動しており、
その範囲は左右あわせて6メートルに及ぶと
されています。

しかし、その「目」がスマホ画面に釘付けに
なってしまったら、何が起きるのでしょうか?

視線計測装置によれば、スマホ歩行者の視界は
通常歩行者の視界の約20分の1になっていました。

つまり、スマホを見ながら歩くことで
視界の95%が奪われる
ことになるのです。

画像1

もちろんスマホ歩行者の方も
気をつけているつもりでしょう。

しかし人の脳は、対象を網膜の中心に
とらえなければ見ること自体ができません。
だからこそ視線移動は常に必要なのです。

2. 知らぬうちに蛇行しはじめるスマホ歩行者

大都市の横断歩道で行われた実験によれば
スマホを見ながらツイッターの読み書きを
した実験参加者は、通常歩行した参加者に比べ
歩く速度が約20~30%遅くなっていました。

さらにそのスマホ歩行者の約30~40%が
まっすぐ歩いているつもりでも、フラフラ
蛇行しながら歩いていた
のです。

周囲から見れば、危険極まりありません。
知らぬうちに転倒や接触事故が起きて
しまうでしょう。

3. 現在のテクノロジーは飽きさせてくれない 良くも悪くも


いかがでしたか?
何も口うるさいマナーを
お伝えしたいのではありません。

ここで考えていただきたいのは
いかに現在のテクノロジーが
私達の注意力・認知力を奪って
いるか
ということです。

歩きながら何かを読む・勉強をする
という行動は大昔からありました。

画像2

では、往時の紙の本や書類と
現在のスマホとはどんな違いが
あるのでしょうか?

それは、紙の本や書類の内容は
一定ですが、スマホの画面は絶えず
更新と通知で変化する点です。

そのため一度気になったが最後、
周囲の環境に関係なく
目が離せなくなるのです。

いい意味でも悪い意味でも
「飽きさせない」のが現在のテクノロジーです。

スマホ歩行はその顕著な現れです。

本当に見たいから見るのではなく
半ば依存のように釘付けにされている。

まずは、その危険性を頭に置くことで
あなたの注意力は回復しますよ。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

自分の可能性や才能を開花させたい
方はたくさんいらっしゃいます。
でもその1歩は奪われている注意・認知を
取り戻すことです。本当にあなたが望むものに
集中できるあなたになるためには、
おすすめのメソッドが「宝地図」です。
▼興味のある方はこちらの
 オンラインセミナーにどうぞ

宝バナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文・記事





みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』36冊89万部7ヶ国出版
著書『魔法の読書法』(イーストプレス)『魔法の宝地図』(カドカワ)『最強の習慣術』(ディスカバー21)『癒しの手』(きずな)36冊.89万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈