見出し画像

人はひらめく前に、あえて視覚をシャットダウンしていた。新しい世界を見るために、目を閉じてみよう。

「わたしは見るために目を閉じるのです」。

フランスの後期印象派画家
ポール・ゴーギャンの言葉です。

気をてらった表現ですよね。

でも、実は私達は何かが閃く前に
あえて視覚をシャットダウンしている
ことが分かりつつあります。

1.「干」「学」→「平」「字」

2006年 心理学者リリー・ウーらは
とても面白い研究を発表しました。

18名の中国人学生にこんな洞察
問題を解いてもらいます。

洞察問題とは、普通に考えると
行き詰まってしまいますが、
発想を変えると簡単に答えが分かり
AHA体験ができる問題です。

画像1

マッチ棒パズルが有名ですよね。

コンピュータの画面上に
意味のある2つの中国語の文字が、
左右に表示されます。

参加者は、右の文字を分解し、
その一部を左の文字に移動させて
2つの意味のある文字を
作るように指示されました

制限時間は1組10秒です。

問題は2つのレベルに分かれていました。

A群) 強い結びつきを解く問題

右の文字を校正する画線を分解し、
そのうちいくつかを左の文字に
移動させる必要がある問題です。

プレゼンテーション1

B群)弱い結びつきを解く問題

右の文字を構成する部首を分解し、
そのうち1つを左の文字に移動させる
だけでいい問題です。

プレゼンテーション1

合計192組の問題に取り組んでいただき
その間の脳画像を調べると
面白いことが分かりました。

2.人はひらめく前にいったん目を閉じる

脳波パラメータを解析すると、
より固い結びつきを解く必要があるA)群の
参加者は、そうでないB)群の参加者に比べて
正解を入力する0.5秒前に脳の頭頂-後頭葉皮質
においては、アルファ波のリズム活動が
活発化していました(約10.14Hz)。

アルファ波はリラックス時に現れる有名な脳波
ですが、これは大脳皮質領域が静止している
ときに出やすいとされています。

そして大切なことは、アルファ波の活性化中は
日常で知覚的な分類作業をする視覚領域の
活動が抑えられていることが分かったのです。

これは、注意を余計なところに向けない
ようにするためと言われています。

たとえば、私達も何かを思い出しているときは
目をそらして、上を見たりして考えますよね。

画像4

人は何か新しいものを見つけるときは
目を見開くのではなく、いったん閉じるのです。

「あえて目を閉じる」

日常の刺激から自主的に
シャットダウンすることで
人は新しい閃きを手に入れるのです。

閉じた目を開いたときには
新しい世界が見えてくることでしょう。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

ぜひ、日常でも目を閉じ
リラックス時間を持ちましょう。
話題のマインドフルネス瞑想も
本記事のように科学的な裏付けがあります。
ではどんな瞑想が最も現実生活に
効果があるのでしょうか?
興味のある方は、こちらのオンラインセミナーに
お越しください。
▼詳細は下のバナーをクリック

画像5

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考記事


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?