3.11東日本大震災10周年を機に考えるわたしたちの生き方 大切なものを大切にする人を大切にする
見出し画像

3.11東日本大震災10周年を機に考えるわたしたちの生き方 大切なものを大切にする人を大切にする

3.11をむかえるたびに
思い出すエピソードがあります。

2004年、スマトラ沖の震災の際
ジャンタンとランギは、
その渦中にありました。

いずれも10メートルを超える
大津波に襲われ、
あらゆる建物が流されました。

画像5

しかし、死者の数は
圧倒的な差がありました。

ジャンタンは、住民の50%
以上が死亡しました。
しかし、ランギは800人の
住民全員が生き残ったのです。

ランギのあるシムエル島は
ジャンタンのあるスマトラ島より
震源地に近い場所にありました。

では、なぜランギの人々は
生き残ったのでしょうか?

1. 100年後に生かされた教訓

実は、ランギの人々には
先祖から続く言い伝えがありました。

プレゼンテーション1

1907年、島の住民の70%の
命が失われた大津波の教訓が
100年後の子孫は守ったのです。

実際に彼らは地震の発生から
8分後には30メートル先の
高台に避難していました。

避難訓練の大切さは
誰もが知っています。

しかし、実際の災害時には
必ずパニックが起きます。

では、なぜランギの人々はすべての
住民が賢明な行動を取れたのでしょうか?

2. 大切なものを大切にする人を大切にする

現地調査をした
フンボルト州立大学教授
ローリ・デングラーは
彼らの素晴らしい心構えを
発見しました。

プレゼンテーション1

災害時に多くの人は
お金や物を持ち出そうして
遅れをとります。

だからこそ普段から
考えておくべきことがあります。

本当に最優先するものは何か?
そのためには何をするべきか?

そして、何よりも重要なのは
ランギの人々のように
「大切なものを大切にした人を
 評価する」ことなのですね。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

あなたは何を大切にしたいですか?
それは、本記事の島の教えのように
実践することに何の恥ずかしさも
後ろめたさも感じないことです。

「宝地図」はそんなあなたの
最優先な目標を見つけるための
ツールです。興味の有る方は
下記のオンラインセミナーで
その魅力をお伝えします。
▼詳細はバーをクリックしてください


宝バナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考文献(P.45~48)



この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。叶う夢だから心に宿る
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位