見出し画像

○○(漢字2文字)に集中せよ!世界最大の検索サイトGoogleが10年前に予測していた「本物」の条件とは?


「ネットで検索すること」
いまや人類共通の習慣です。

「Googleで検索する」を略した「ググる」は、
いまや動詞扱いです。

こうなると大変なのは「検索される側」です。
インターネットは巨大な紳士録です。
書かれたものは信じられて、
書かれていないものは存在しない。

画像1

すなわち何かキーワードで検索され
最初に出てくる存在にならなければ
そもそも誰も認知してくれないのです。

少しでも上位に表示されたい。
こうした戦略を SEO(Search Engine Optimization
検索エンジン最適化)と言います。

Google自体は不正な工作を防ぐため
上位に表示される仕組みや基準は
一切公表していません。
そこで、今日も世界中の専門家が
試行錯誤をしています。

しかし・・・
実はその大きなヒントが、
10年前こっそり公開されていたのです。

1.  Googleが求める「質の高さ」とは?

2011年5月6日、Googleは開発者向けに
1通の記事を発表しました。

質の高いサイトの作成方法

すなわち、どのようなウェブサイトを
Googleが推したいかの手引でした。

その内容の一部を抜粋すると・・・

7月定期報告会 - コピー

7月定期報告会 - コピー

いかがですか?

端的にいえば、
専門的であり、手間がかかっており、
そして読み手の疑問にしっかり詳細に
答えるサイト
が高く評価されるのです。

少し意外ですよね。

でも、たとえばウィキペディアがあります。
このWEB上の大百科事典は、デザインこそ
無骨ですが、専門性と詳しさは
群を抜いています。

だからこそ、あるキーワードにおいては
公式サイトよりも上に表示されるのです。

2. Googleが10年前から教えていた本物の時代の到来


10年後の現在もこの傾向は変わっていません。
それどころかより強くなっています。

たとえば、2020年12月3日に
Googleはアルゴリズムを
緊急アップデートしました。

とはいえ、それはとてもシンプルなものでした。

7月定期報告会 - コピー

わかりやすいか?
専門的であるか?
その人の独自のオリジナルなものであるか?

そうした基準を満たした
人物・コンテンツだけが
新しい時代において、WEBの紳士録に
のることを許されるのです。

こうしたGoogleの姿勢は、
これからの世界の姿を教えてくれます。

小手先のテクニックや中身のない工作は
無慈悲に排除されます。
一方で、コツコツと自分だけの道を究め
それを分かち合おうとする人は
いやでもスポットライトが当たります。

本当に厳しく、本当に優しい本物の時代です。
そんな時代にともに立ち会えて嬉しいです。

では、あなたが本物になるためには
どうすればいいか?それは本物に会うことです。
具体的には、「本」を読むことです。
もちろん冗談ではありません。歴史の淘汰を経た
良書をよむことは、知識を増やすのでなく
あなたの脳自体をアップデートさせるのです。
ただし、ただの読み方ではいけません。
興味のある方は下記のオンラインセミナーに
お越しください。
▼詳細はバナーをクリックしてください。

4Cバナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考記事





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。人生神芝居!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位