見出し画像

恋愛の科学 熱烈な恋愛は、日常の脳の働きを覚醒(アップデート)させる

「恋愛」の定義は、心理学では
次のようにされています。

「特定の相手と親密な関係を築きたい、
 あるいは維持したいという願望に
 関連する動機状態」

とはいえ、学問的に割り切れない
複雑さを恋愛はもっています。

「人生がバラ色になる」こともあれば
「恋の病」もあります。

でも確実に言えることがあります。

それは「恋愛をすると、普段のあなたの脳が
覚醒される」
ということです。

1.恋愛脳をスキャンしてみると

2015年、西南大学(中国)の
ソンホンウェンらの研究チームは
とても意義のある研究を発表しました。

次の3タイプの被験者100名の
脳画像データを測定します。

A群)現在、熱烈な恋愛交際中の人
B群)最近失恋を経験し、現在フリーの人
C群)交際経験がそもそもない人

画像1

その結果、面白いことが分かりました。

A群)現在、熱烈な恋愛交際中の人の脳は
そうでない群と比べて、恋人と一緒にいない
普段の状態であっても、明らかに脳内の
機能的な結びつきが活性化していたのです。

2. 恋愛中の人は他人の意図を察しやすくなる


まず、TPJ(側頭頭頂接合部)、PCC(後部帯状回)、
MPFC(内側前頭前野)といった領域の
結びつきの強化が確認されました。

この領域は、社会的認知ネットワークとよばれ
道徳的に社会生活をおくったり、他者の感情や
意図を判断する役割があります。

3. 熱烈な恋愛中の人は普段、こんなに脳が覚醒している


もう1つ活性化していたのが、報酬・意欲・情動制御
脳ネットワーク
とよばれる領域です。

具体的には次のような部位です。

dacc(背側前部帯状回)

脳内の情報処理の監視や認知に関する代償を
調整します。私達の幸せの感じ方に関わる部位です。

尾状核

何かを行動するときに報酬をみつけ
期待を作り、目標を表現します。
私達が世界に接するときの感覚に関わる部位です。

扁桃体

主に恐怖、悲しみ、攻撃に関連する情報を処理します。
快を求め、不快を避けるという私達の本能的な
情動学習に関わる部位です。

NAC(側坐核)

扁桃体が「恐怖」であるならば、
NAC(側坐核)は「快楽」に関する部位です。

多幸感・達成感を感じたり、
意欲を引き起こす
「やる気ホルモン」ドーパミン
社会生活での精神的なストレスや
不安をやわらげる
「愛情ホルモン」オキシトシンを投射します。 

島皮質(とうひしつ)

島皮質は脳全体のバランスを保つ
中継地点の役割をもっています。

自分の外側の感覚と
内側の感情をつなげる。

自分の気持ちと
相手の気持ちを見つめる。

時間軸をずらして、過去や未来の
イメージと今の自分をつなげる。

そんな主観と客観の架け橋が
島皮質なのです。

4. 恋愛ほど素敵な能(脳)力開発はない


いかがでしたか?

これほど強い恋愛は、人の脳を
覚醒させるのです。

「恋愛をすると人生はバラ色になる」
という言葉もうなずけます。

人は普段は自分のこと以外は
ほとんど考えが及びません。

しかし恋愛をすることで、
自分以上に大切なパートナーを
持つことになります。

そして四六時中にパートナーの気持ちを
考え、悩み、大小の葛藤を乗り越えることで
自分自身の普段の脳の働きが
強化されているのです。

画像2

恋愛ほど素敵な能(脳)力開発はありません。

すでに結婚されていて長い方も
恋愛中の気持ちを取り戻すことで
毎日を覚醒した脳でおくることができますよ。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

では、素敵な恋愛をはじめ続けるには
どうすればよいのでしょうか?この点
恋愛テクニックの本やセミナーはいくら
でもあります。しかし、それを勇気を出して
伝えることに大きな葛藤をおぼえるものです。
実は「愛すること」「愛されること」は
あなたの心のブロックと密接に関係した
根深い問題なのです。根本から「愛」の問題を
見つめ直し受け入れることに興味のある方は
こちらのオンラインセミナーにお越し下さい。
▼詳細は下の黄色いボタンをクリック

詳細はこちら

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文




みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?