なぜ人はダメなところばかり見えてしまうのか?生後6ヶ月の赤ちゃんも持っている脳のエラー検出機能が良心を作る
見出し画像

なぜ人はダメなところばかり見えてしまうのか?生後6ヶ月の赤ちゃんも持っている脳のエラー検出機能が良心を作る

「自分のダメなところばかり見てしまう」
「相手のマイナスのところばかり見てしまう」

多くの方が持つ悩みです。

ポジティブ思考がもてはやされ
自己肯定感が主張される昨今では
一刻も早くなおしたいところでしょう。

でも、エラーの方に注目してしまうのは
私達が赤ちゃんの頃から持っている
大切な能力なのです。

1. 赤ちゃんの計算が分かる!?

2006年、心理学者アンドレア・バーガーらは
とても面白い研究をしました。

生後6〜9ヶ月の幼児24名に
正解の計算式と間違いの計算式の
2つを見せて、どちらを
長く見ていたかを調べてます。

「赤ちゃんに計算式?」と
思う方も多いでしょう。

しかし幼児の言語獲得研究の
第一人者スーザン・ケアリーによれば
赤ちゃんは生後1年以内に、数の
誤りに強い注意が向く兆候が芽生えるようです。

もちろん赤ちゃんは数字は読めません。
そこで好きなぬいぐるみの数で
計算式を表現します。

画像1

たとえば「誤り」の場合はこんな感じです。

赤ちゃんの前にTV画面をおき
2つのぬいぐるみをうつします。
次に1つ取るシーンをうつしますが
最後にうつるのは最初とおなじ2つです。

さて、赤ちゃんたちは正解と不正解の
どちらのパターンを長く見ていたでしょうか?

2.不完全が分かるから、人は優しくなれる

結果として、赤ちゃんは、
不正解の方を(M=8.04秒)
正解よりも(M=6.94秒)
約14%長く見ていました。

この時の赤ちゃんたちの脳の反応は
成人と同じでした。

人はこんなに昔からエラーの方に
強く反応するのです。では、なぜ
私たちは一見こんな損に見える性質を
持っているのでしょうか?

バーガーらは次のように述べています。

プレゼンテーション1

すなわち、人は間違いや足りないことに
先に目がいくからこそ、行動が慎重になったり
寛容な態度がとれるようになっていくのです。

ダメなところばかり目にうつることで
人は自分も他人も不完全であることを
気づかざるをえません。

最初はイライラしたり戸惑ったりするでしょう。
でも、それにより自他に対する共感や
優しさがもてるようになるのです。

「ダメなところばかり目にうつる」たびに
あなたの心が広がるチャンスですよ。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

わいていきた感情の意味を知ると、
人間の持つ可能性が見えてきます。
その方法を知りたい方はこちらの
オンラインセミナーにおこしください。
▼詳細は下のバナーをクリック

画像4

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文

https://www.pnas.org/doi/10.1073/pnas.0605350103


























みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。叶う夢だから心に宿る
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』35冊87万部7ヶ国出版
著書『魔法の読書法』(イーストプレス)『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『癒しの手』(きずな)35冊.87万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈note急上昇ランク2位