ハリー・ポッターが世界にもたらした魔法は「偏見を減らしたこと」触れる物語を変えれば、人生は変わる
見出し画像

ハリー・ポッターが世界にもたらした魔法は「偏見を減らしたこと」触れる物語を変えれば、人生は変わる

”The greatest magic of Harry Potter:
Reducing prejudice”

「ハリー・ポッターの最大の魔法。
偏見を減らせること」

2014年 モデナ・レッジョ・エミリア大学
ロリス・ヴェッツァーリらの研究チームが
発表した素敵な論文です。

2018年末で73の言語に翻訳され
シリーズ累計発行部数5億部を突破した
史上もっとも売れた作品が
「ハリー・ポッター」です。

この作品をもとにしたユニークな実験を
通して、物語が持つ世界を良くする力を
見ていきましょう。

1.人は4歳で偏見をもつ。他者に対して、自分に対して


人間には無限の可能性があります。
でもそれを妨げるものが「偏見」です。

知りもしないのに
やりもしないのに
最初から決めつけて、
近づくことをやめてしまう。

「偏見」は大人だけが
持つものではありません。

2016年 ウィスコンシン大学の
クリスティン・シャッツらの
実験によれば、わずか4歳児であっても
他の子を値踏みして、偏見を持つ
ことが分かっています。

その実験では、みじめな服を来た子は
学校でも成績が悪く、友達も少ないに
違いないと推定していました。

きっかけは、周囲の大人(特に両親)の
言動や振る舞いによるものです。
幼児は両親がすべてです。その偏見を
知ることは、生きる術でもあります。

さらに、人に「偏見」を持つと
今度は社会の持つ自分に対する
「偏見」も自然に受け入れてしまいます。

2005年、アリゾナ大学の
マイケル・ジョーンズらの実験です。
アメリカでは、「女性は数学が苦手」という
ステレオタイプの偏見があります。

実験参加者の女性は同じ問題を解いても、
「問題解決テスト」と伝えられた場合は
平均点は58点でしたが、「数学テスト」と
伝えられた場合は、平均点は36点でした。

画像1

「偏見を持つのはやめましょう」と
いうのは簡単ですが、効果はありません。
それだけ根深いのです。

そこで役立つのが「物語」の力です。

2.「移民」「同性愛」「難民」への偏見を減した魔法とは?

冒頭の研究チームは、母国イタリアと
イギリスでこんな実験を重ねました。

実験1
「移民」についての偏見

イタリアの小学5年生34名に
ハリー・ポッターの物語の一部を
読み聞かせます。

1つのグループでは、
ヒロインのハーマイオニーが
「汚い小さな泥の血」とその血統を
屈辱されたことに対して、彼女の仲間が
怒るシーンを読み聞かせます。

その後で、2つのアンケートを取ります。

1つ目は、主人公のハリー・ポッター
(不正と戦うポジティブな存在)
に対する同一化意欲
です。
「自分と似ているところがあるか」
「ハリーのようになりたいか」をたずねます。

2つ目は、社会問題の1つである
「移民」についての態度です。
「『移民の子』がもっと自分たちの
学校にいてほしいか」をたずねます。

結果として、主人公のハリーに共感度が
高いほど、別のグループと比べ
移民に対する偏見度合いが減っていました。

実験2
「同性愛」についての偏見

イタリアの高校2年生117人に、
過去にハリー・ポッターの映画や本を
見たかを、他の読書やTV視聴体験と
あわせてアンケートをとります。

その後で、実験1のように2つの
アンケートに答えてもらいます。

1つ目は、作中の登場人物に対する同一化意欲です。
不正と戦う主人公のハリー・ポッターと
差別主義者の悪役ヴォルデモートについて
自分が憧れるタイプか?
目指して行きたいタイプか?をたずねます。

2つ目は、「同性愛」に対する理解について
身近な問題としてたずねました。

結果として、主人公のハリーに共感度が
高いほど、別のグループと比べ
同性愛の集団に対する
偏見度合いが減っていました。

実験3
「難民」に対しての偏見

イギリスの大学生在籍者71名
(18~44歳)に対して
実験2の高校生に行った手順で、
アンケートをします。

ただし、今回のテーマは「同性愛」ではなく
「難民」でした。

登場人物への同一化意欲と、
難民への理解度合いの関係性を
分析したのです。

結果は面白いことに、
ハリーへの同一化意欲よりも
悪役のヴォルデモートに対する
非同一化意欲(「こうはなりたくない」)が
高い人ほど、難民の視点への理解が
高いというものでした。

3.ファンタジーは、現実のシュミレーション

いかかでしたか?

未来を担う幅広い層に起きた変化として
とても嬉しいことですよね。

人間工学者ジェフ・カウフマンらは
物語が持つ現実を変える力を
「エクスペリエンス・テイキング」
よんでいます。

プレゼンテーション1

「難民」も「移民」も「同性愛」も
作中には直接登場することはありません。

しかし実験参加者は、ハリー・ポッターの物語に
入り込み、不利な差別と戦ったキャラクターに
強い憧れ(同一化意欲)を抱くか、
もしくは差別を行う悪役に強い拒絶感を抱く
仮想体験をすることで、現実に存在する
偏見を持たれている不利な層に対しても
その感覚を応用し、歩み寄ろうとしたのです

ハリー・ポッターが世界中で
読まれていることは、
大きな流れの中では世界平和に
近づいているのかもしれません。

画像3

4.触れる物語を変えれば、人生は変わる

人間は社会的動物です。
他者の「模倣」により成長します。
そこで鍵となるのは、模倣の対象
となる「憧れの存在」です。

自分がこうなりたいと思う
同一化意欲のわく存在との出会いが
人生を変えます。

画像4

では「憧れ」はどこから
生まれてくるのでしょうか?

「憧れ」は「物語」から生まれます。
対象が背負う「物語」に一体感を
感じたときに、人はそこに自分の
未来を見つけます。

人生を変えるということは
触れる「物語」を変えることなのですね。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

あなた自身は、あなたが遠い昔に
目にし、耳にし、あるいは直接
体験した千差万別の「物語」により
作り上げられています。
それを知ることが、新しい自分になる
第一歩です。では、どうすればいいか?
興味のある方は、下記の
オンラインセミナーにお越しください

▼詳細は下のバナーをクリック

詳細はこちら

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考記事


この記事が参加している募集

学問への愛を語ろう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!フォローもお待ちしています。すべてはうまくいっている!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位