見出し画像

格差社会のその先に お金持ちがお金の先に見ている世界とは?

「世界で最も裕福な8人が、
 世界の貧困層36億人に
 匹敵する資産を所有している!」

国際NGOオックスファムが
2018年1月にしたこの報告は
全世界のメディアを震撼させました。

なにしろ、2017年に世界でうまれた
すべての富の82%が人口のうちの
1%が所有しているのです。

「貧富の格差がここまで広がっている!」

私も衝撃を受けた1人です。

とはいえ、こうした事態は
別の角度からみると
興味深いことが見えてきます。

1. お金持ちほど寄付をしているという事実


ちょっと想像してみましょう。

プレゼンテーション1

とても立派な人に思えますよね。
実は、こうした活動を続けている方は存在します。

しかも遥かに遥かに大きなスケールで。
その1人が大投資家ウォーレン・バフェット。

彼の保有資産は900億ドルであり、
2014年から5年間、そのうち
総額147億ドル(約1兆6200億円)を
寄付にあてています。

2014~18年の米大富豪寄付額ランキングで
堂々の1位を手に入れました。

ちなみに2位以下の顔ぶれは次のとおり。

プレゼンテーション1

これらの金額は、
ただの口約束ではなく
実際に寄付先に届いた額というから驚きです。

こうした大富豪の1人
免税店DFS創業者のチャック・フィーニーは
「貧乏になって死ぬまで寄付を続ける」
言っています。

2.格差の先には循環が待っている

いかがですか?

富の一極集中は大きな問題です。
しかし、だからこそ富が大きく
循環するという可能性もあるのです。

豊かさは誰よりも豊かさについて
考えている人のもとに来ます。

そうした人々は、豊かになればなるほど
ますます豊かさについて
考えるようになります。

最終的に思い至るのは
「豊かさを巡らせる」ということです。

画像3

米国の大富豪の寄付の増加は
そうした動きのあらわれかもしれません。

「格差」は分かりやすい側面です。
でもその後ろに広がる「循環」の流れにも
目を向けてみましょう。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

大富豪は豊かさの思考はどこからくるでしょうか?
年間総収入16万ドル以上、
純資産320万ドル以上の富裕層233人を
調査したトーマス・コーリーによれば
その85%が教育や学習を目的として
月に2冊以上の本を読んでいるということです。
豊かになるための読書法に興味のある方は、こちらの
オンラインセミナーにお越し下さい。
▽詳細は下のバナーをクリック

4Cバナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考記事















みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』37冊90万部7ヶ国出版
著書『引き寄せの法則』(宝島社)『魔法の読書法』(イーストプレス)『魔法の宝地図』(カドカワ)『癒しの手』(きずな)37冊.90万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈