見出し画像

私達が「死ぬ」ことよりも恐れるべきもの あなたが見ている世界 見てない世界

問題です。
次の写真をごらんください。

手帳術講師

▲写真提供 shutterstock

さて、あなたの視線は写真の中の
どの部分に真っ先に向いたでしょうか?

「青空?」

たしかに、一番目に入る部分ですよね。
しかし、実際は・・・・

手帳術講師



青空は画像中最も容量は多いものの
その内容自体は極めて単調です。
なめらかな変化しかありません。

そして人の注意は、その部分は避けて
赤くマークしたような変化が密集して
急速な部分に引かれています。

なぜこのような現象が起きるのでしょうか?

人間は脳内で電気信号(活動電位)で
情報のやり取りをおこなっています。
人間の五感にある感覚受容器細胞には
小さいタンパク物質があり光・音・熱などの
外部刺激を電気信号に変えます。

画像3

そしてこのタンパク物質には、荷電粒子を
通すための専用の通路(イオンチャンネル)が
ありますが、この通路は刺激の変化がないと
自然に閉じてしまうのです。

暗闇のなかで「目が慣れる」のもこのためです。

生きてこの世界を体験するとは
言い換えれば「常に変化の中にいる」
ということです。

「森の生活」の著者ヘンリー・D・ソローは、
自身が未開の森で暮らしはじめた動機を
次のように語っています。

手帳術講師

私達の認知の仕組みが「変化」にしか
注意を向けなのとしたら、「変化」を避け
何も変わらぬ生活をおくることは
果たして「生きている」ことになるでしょうか?

人は、避けられないにも関わらず
「死」を過剰に恐れます。
でも、その前に恐れるべきことは
「十分に生きていなかった」ことです。

迷ったら「大きな変化がある」方を
選択しましょう

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

もう1つの問題は、日常の中の
小さな変化を見落としていることです。
意図して変化に気づく最もよい
トレーニングは実は「速読」です。
ただし、私が提唱する「速読」は
あなたがイメージする方法と少し違います。
▼興味の在る方はこちらからおすすみください

4Cバナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考文献(P.81~85 104~107)
参照サイト



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!フォローもお待ちしています。すべてはうまくいっている!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位