スターバックスで試せる「さとり」の技術!学校では教えてくれない「立ち止まる」力とは?
見出し画像

スターバックスで試せる「さとり」の技術!学校では教えてくれない「立ち止まる」力とは?

スターバックスは好きですか?
もしホットを頼んだときは、
巻いてあるスリーブをとっておきましょう。
興味深い手品ができます。

1. 同じものなのに、向きで長さが違ってみえる!

まず、2つのスリーブを左側の線を
合わせて上下に並べます。

プレゼンテーション1

さて、上下のどちらが横に長く見えますか?
おそらく「下」のスリーブでしょう。

でも上のスリーブをさまさまにすると・・・

プレゼンテーション1

あれ?横の長さが同じになりましたね!
そもそもこの2つのスリーブは同じものです。

プレゼンテーション1

では、なぜ最初のような錯覚が
起きたのでしょうか?

2.自分が見ている「差」を見直すことが、さとり。

それは私達が常に対象を「比較」し
「差」を意識しているからです。

今回の手品で言えば、上のスリーブの右下の角と
下のスリーブの右上の角を「比較し」
その長さの「差」から、両者の大きさを
判断したのです。

プレゼンテーション1

もちろん、これは私達の日常生活でも
頻繁に起きていることです。

パッと見で認識した「違い」にひっぱられて
錯覚をおこして、それに基づいて判断や行動を
してしまう。割高の買い物から人種差別まで
あらゆる場面で見られることです。

だからこそ、賢者は苦悩を解決する手段として
本来すべてのものに「差」はなく、1つのもの
(ワンネス)であると説いてきました。

すなわち「『差』取り」=「さとり(悟り)なのです。

とはいえ、違いを見抜く目があったおかげで
私達人類が生き延びたことも事実です。

森に潜む猛獣をいちはやく察したり
熟れた果実をいちはやく見抜けたからこそ
人類は「生存」と「繁栄」を謳歌できたのです。

画像5

大切なことは、認識した「差」に
惑わされないことです。

本来は存在しない「差」を
存在すると思い込んでいる状態は
苦しいだけです。

自分が今見えている「差」や「違い」を
立ち止まって、もう一度見てみましょう。

その瞬間、本当に存在するものだけが
見えてくることでしょう。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

学校も職場も「動く」技術は
教えてくれても、「立ち止まる」技術は
絶対に教えてくれません。
私自身がその技術を知ったのは、6,000万円の
借金と全身アトピーに苦しんでいた時期でした。
そのとき何があったのか?興味の在る方は、
その技術の全貌をお伝えします。
詳細は下の黄色いボタンをクリックしてください

レイキ講演会

詳細はこちら

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考文献(P.19)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!フォローもお待ちしています。すべてはうまくいっている!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位