見出し画像

「お金のその先」を一緒に探す仕事が求められていく

おはようございます。
「魔法の宝地図」著者の望月俊孝です。

1.「お金」のプレゼントは本当に失礼か?

2010年、ハーバード大学の
フランチェスカ・ジーノらの研究チームは
興味深い実験結果を発表しました。

197名の被験者にオンライン上で
A)プレゼントを受け取る役と
B)プレゼントを贈る役に分かれてもらいます。

A)受け取る役は、Amazon.comの
「欲しい物リスト」を作成してもらいます。
15ドル(約1566円)の範囲で少なくとも
2つの異なるカテゴリーから10個の商品を選び、
その商品名・写真・価格を
B)贈る役にメールで知らせます。

B)贈る役はこの「欲しい物リスト」から
選ぶこともできますが、代わりに
15ドルを【お金で】プレゼントすることもできます。

さて、あなたが贈る役ならば
この時どんな気持ちがしますか?

「なんとなくお金は思いやりがない
 失礼な感じがする」

そう思う方もいるかもしれません。

事実、贈る側はあくまで相手が希望した【物】を
贈る方が、その分を【金銭】で贈るよりも
【約18%】も多く喜ばれると思い、かつ
【約25%】も多く思いやりのある行為だと
回答しました。

しかし・・・

当のプレゼントを受け取る側は逆でした!

【金銭】でもらう方が、
自分で希望した【物】をもらうよりも
【約12%】も多く評価し、そのうえ
【約34%】も多く「気が効いている」と
回答したのです。

驚きですよね。

なお、同チームの別の実験では、
「欲しい物リスト」に明示されていないけど
同じ価格帯で相手がのぞみそうなものを
贈る「サプライズ・プレゼント」については、
「欲しい物リスト」の方に軍配が上がりました。

2.求められるのは、「お金のその先」を一緒に見つける仕事

「自分のものは自分で選びたい」
当然の感覚です。

でも、情報過多で
選択肢が過剰な現在においては
しばし自分の選択に自信がなくなります。

そこで便利なのが「お金」です。
とりあえず「お金」でもらっておけば
次の機会に選択を持ち越せます。

贈る側も「身銭を切る」の言葉通り
思いやりを示せた満足感があります。

たしかに「お金」は便利です。
でも、交換のための「道具」に過ぎません。
最終目的には決してなりえません。

いつかは、次の質問と向き合うことになります。

プレゼンテーション1

一人ではなかなか向き合えない質問です。
逆に言えば、この質問に向き合う
お手伝いをする仕事が
これからは強く求められます。

私たちも2020年5月より、
お互いが安全・安心な環境にいながら
相談される方の本当の才能や目標を
共に探す「ホームカウンセラー」
養成をはじめました。

安全に感謝されながら豊かさも
きちんと確保する。

そんなライフスタイルに興味のある方は
オンラインセミナーで直接お話します。

▼詳細はすぐ下のバーをクリック

画像2

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。好機萬来!
71
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位