すべては「平凡」に近づいていく 成功者から学ぶべきは【失敗】事例と【普通】のときの習慣
見出し画像

すべては「平凡」に近づいていく 成功者から学ぶべきは【失敗】事例と【普通】のときの習慣

「お父さんとお母さんの身長が高いと
 子どもの身長も高くなる」

遺伝からすれば、こうなるのが常識です。

でも意外とそうでないことって
多いですよね。

この点を最初に検証したのが、
生物学者フランシス・ゴルトンです。

「身長の遺伝における平凡への回帰」
(1886年)という論文では、
高身長の両親のときは子どもの身長は
予想より低く、低身長の両親のときは
子どもの身長は予想より高めである
ことが記されています。

もちろん例外はあるでしょう。

ここで大切なのは「平凡への回帰」という
キーワードです。

1.  最高も、最悪も、やがては平凡に近づいていく

世の中には【最高】のものと
【最悪】のものも存在します。

でも、私たちにはそれが
スポット的にしか目に入りません。

変化はそれからも続いていきます。

たいていの場合は、
最高と称されたものは
衰退していきます。

他方で最悪という酷評は
奮起を促すことも多いです。

いずれも向かう先は【平凡】です。
「あの人は今」という奴ですね。

2. 私たちがやりがちな認知の近道

私たちの目に焼き付きやすいのは
【最高】の姿です。

最高の自分を目安に決めてしまう。
最高に輝いている旬なスターを
目標にしてしまう。

私たちはそんなキラキラした
一番目に入るものだけに
注目してしまうのです。

行動経済学の祖
ダニエル・カーネマン氏は
これを「認知的近道」と呼んでいます。

しかし常に「最高」ということはありえません。
多くの場合は一瞬であり、間もなく
平凡に向かって衰退を始めます。

最高を真似ることは、
そうした衰退まで真似ることになるのです。

3.  参考になるのは、【失敗】と【日常】の習慣

では、何を学習すればよいのでしょうか。
2つのポイントをご提案します。

ポイント1

先人から学ぶのは「成功」ではなく
むしろ尊い【失敗】の経験です。

成功事例よりは表に出にくいものです。

でもV字回復を果たしたような
真の成功者は必ず自分の失敗が自覚
できており、それを後世に語ることを
自分の務めであると考えています。

そんな不死鳥のような方を見つけたら
ぜひ話を聞いてみてください。
本があったらぜひ読んでみてください。

ポイント2

そして成功者から学ぶ場合であっても
「奇跡」や「特訓」ではなく
毎日続けている平凡な習慣や心の使い方
学ぶようにしましょう。

画像4

ドラマや漫画では「映えない」超地味に
続けている習慣こそ、再現性があり
誰でも役立つものが多いのです。

ぜひ参考にしてみてください。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

最悪も最高も
過去の出来事も解釈を変えることで
全く違うものになります。
▼興味のある方はこちらの黄色いボタンの
クリックしてください。

詳細はこちら

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文









みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。好機萬来!
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』35冊87万部7ヶ国出版
著書『魔法の読書法』(イーストプレス)『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『癒しの手』(きずな)35冊.87万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈note急上昇ランク2位