見出し画像

見るだけではカラダはわからない!自分の筋肉・内臓・皮膚の感覚を味わってみよう。

虫歯の治療などで麻酔が抜けない間
歯茎や唇がふくらんだ感じがしますね。
でも鏡をみても、実際はふくらんでいません。

これは誰にでもおきることで
末梢神経に病変があると人は患部の
位置、形状、感触、温度の知覚が
ゆがんで変な感じがあります。

身体の一部が大きくなったように見えるのは、
大脳の体性感覚皮質の感覚地図が修正されている
からだとされています。

実はこのよくある現象は、私たちが
忘れがちなことを気づかせてくれるのです。

1.  体感は「見ても」おさまらない

2003年、フランスの麻酔医
ザビエル・パケロンらの研究チームは
面白い研究をしました。

整形外科手術を受ける36名の患者さんの
協力のもと、上肢、下肢、脊髄などに
麻酔された場合の自分の身体イメージの
変化を調べました。

麻酔後、30名の患者さんは麻酔をかけた箇所が
腫れたような感覚になりました。何かには手足の
体積が2~3倍になったと感じた人もいました。

患者さんにその部分を自分の目でみてもらえば
実際にはふくれておらず、一時的な錯覚だと
分かりました。

しかし錯覚だと自覚しても
なおもふくれた感覚は治まらないのです。

2. 身体の感覚にもっと耳をすませてみよう

患者さんにその感覚を言語化してもらうと
プラスチック,木,苔,蝋,コンクリートなどの
比喩が出てきました。16名の患者さんは
麻酔された部分は「死んでいる」とまで
表現していました。

ここで面白いのは、患者さんが抱く
自分の身体のイメージの中には
患部の不在感と腫脹感の
両方が混在していたのです。

そして患者さんの中にはこの妙な感覚を
楽しんでいる方もいました。

「身体の心理学」を著した精神科医
パウル・フェルディナント・スヒルデルは
「人間の身体のイメージは複数のレベルものが
 統合する共感覚」
と言っています。

本実験で分かるのは、「体感」の大切さです。
私たちは「見えているもの」は当然理解している
ものと思いがちであり、その内部を「感じる」こと
を忘れがちです。

私たちの身体中には末梢神経(運動・感覚・自律)が
張り巡らされていて、絶えす中枢神経(脳・脊髄など)に
情報をおくっています。

画像1

しかし私たちは本実験のように
身体にあきらかな異変がおきなければ、
なかなかこの情報に耳を傾けようとしないのです。

ぜひ目をとじて、自分の筋肉の感覚や内臓の動き
あるいは皮膚に感じる感覚を味わってみましょう。

そこから思わぬ身体の信号に気づくとともに
自分の身体に感謝がわいてくるでしょう。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

本記事を興味を持たれた方は
全身健康法ともいうべき日本が誇る
健康法を紹介します。
興味のある方はこちらの
オンラインセミナーにお越しください。
▼詳細は下の黄色いボタンをクリック

レイキ講演会

詳細はこちら

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文




みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』37冊90万部7ヶ国出版
著書『引き寄せの法則』(宝島社)『魔法の読書法』(イーストプレス)『魔法の宝地図』(カドカワ)『癒しの手』(きずな)37冊.90万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈