なぜ社員は部品を隠し、責任を押し付けあったのか?アメリカ最大の自動車工場に人類学者が潜入して分かったこと
見出し画像

なぜ社員は部品を隠し、責任を押し付けあったのか?アメリカ最大の自動車工場に人類学者が潜入して分かったこと

エリザベス・ブリオディという
著名な人類学者がいます。

人類学を学んだ大学院生は
通常海外にフィールドワークにいきます。
しかしお金がなかったブリオディは
それが困難でした。

そこでブリオディが向かったのは
アメリカ国内のコミュティでした。

スペイン語が堪能なブリオディは
南米にフィールドワークにいく代わりに
大学にある外国人清掃業者の職場に
溶け込み調査をしました。

そんなユニークな姿勢に
ある大企業が目をつけました。

1.人類学者が大企業の工場に潜入したら・・・

大企業の名前は、当時世界最大級の
自動車メーカーであった
GM(ゼネラルモーターズ)。

1980年当時のGMは日本企業に感化され
品質向上を目指していました。
しかし労働者の生産性は下がる一方でした。
労働組合との交渉も効果がありません。

ブリオディはミシガン州の工場に入り
組立ラインの労働者たちの
コミュニティに
溶け込んでいきました。

画像3

ある日、資材担当者が
ロッカーを指差して
思わぬことを耳打ちしてきます。

2. 部品を隠し、責任を押し付け合う社員たち

「部品を抱えこんでいる人が多いよ」

なんと相当数の社員が組立の
部品をこっそり取り置いて
ロッカーや秘密の場所に
隠していたのです。

なぜ、こんなことをするのでしょうか?

当時のGMでは、品質向上の指針のもと
自分が担当する組立ラインでの部品切れは
大きな責任問題でした。

そのため責任を問われたくない社員は
あらかじめ沢山の部品を自分でストック
しておき、部品切れに対応していたのです。

そしてなんと1日の労働時間の4分の1を
この部品集めと補充に使っていたのです!

画像4

さらなる問題は、「責任逃れ」体質からくる
社員同士のギクシャクでした。

ブリオディは社員同士の会話を書き起こすと
お互いの責任をなすりつけあう言葉は、
褒める言葉よりも約7倍多かったのです!

全く思いもよらないブリオディの報告に
経営陣は衝撃を受けます。

自分たちが見ていたものと
全く違うところに原因があったのです。

GMはそれから時間をかけて
社内改革に取り組みました。

その結果、生産性は
1986年から2007年の間に
【約54%】増えました。

さらに、業務上の怪我や
病気による欠勤は
1993年から2008年の間に
【約98%】も減少したとのことです。

3.誰もが人類学者になる必要がある

いかがでしたか?

人の心は単純ではありません。
表面からでは見えない部分が沢山あります。

そこで必要なのは、しっかり話を聞き
ありのままを観察していくことです。

ちょうど人類学者のように。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

コミュニケーションの達人は
人は本のように読んでいます。
ともすれば内向的に思われがちな読書こそ
実はコミュニケーションの鍵なのです。
そんな読書法を知りたい方は
こちらのオンラインセミナーにお越しください。
▼詳細は下のバナーをクリック

4Cバナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考文献(P.153~159)




みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝!フォローもお待ちしています。すべてはうまくいっている!
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』35冊87万部7ヶ国出版
著書『魔法の読書法』(イーストプレス)『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『癒しの手』(きずな)35冊.87万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈note急上昇ランク2位