教室の壁の装飾をなくしただけで、子供の集中力が85%回復した!目の前のやるべきことに注意を向けるための最も簡単な方法とは?
見出し画像

教室の壁の装飾をなくしただけで、子供の集中力が85%回復した!目の前のやるべきことに注意を向けるための最も簡単な方法とは?


「これは『視覚的な爆撃』だ!」
(ジェームズ・ブラード)

「イメージの『不協和音』だ!」
(パトリシア・タール)

さんざんな言われようですね。
もっともこれは何も低俗な漫画表紙や
広告イメージを指したものではありません。

なんと一般的な子供の学校の
教室内の装飾を
評したものです。

もちろん、教室の装飾は
先生が良かれと思ってするものです。
当然、内容も勉強に関係したものばかりです。

しかし、ある理由からどうしても
教室の壁はシンプルな方が
望ましいのです。

1. 教室の壁の世界地図やポスターは勉強の邪魔?

2014年 カーネギーメロン大学の
アンナフィッシャーらの
研究チームは興味深い実験をしました。

24名の幼稚園生に、
理科に関する読み聞かせ授業を
5分間×6回おこない、
その理解度をテストします。

石や天体や昆虫など、はじめて
学ぶ知識にこども達は喜んで
取り組みます。

実は、ここである仕掛けを
行いました。

あえて幼稚園生を2群にわけて
それぞれ違う部屋で一連の
授業をおこなったのです。

a群 装飾された教室で行う

こちらの教室の壁には、
理解のポスターや地図やら
こども達の作品やらが
所狭しと飾られていました。

内容はどれも学習に関係したものです。
どこの学校でもありがちですよね。

b群 何も装飾がない部屋

こちらの部屋は授業に無関係なものは
極力、装飾を取り除きました。

画像1

▲下記の参考論文より 実際の教室の比較

研究チームは、授業に取り組む
幼稚園児たちの注意の観察しました。

1)先生や教材の方に視線が集中しているか
2)それ以外の場所(壁や服や友達の顔など)を
 「よそ見」をしているか

その結果、面白い傾向が分かりました。

2. 日常、目にする装飾を減らせば、集中力は戻ってくる

教室の条件別の注意と学習の度合いを
まとめると次のようになりました。

プレゼンテーション1

いかがでしたか?

壁の装飾を極力減らしただけで
子供たちの注意力が85%も回復し
46%も習熟度が上がったのです。

子供の好奇心は宝物です。
でも時として、それが集中を
妨げることにもなります。

心理学者のリサ・オークズは
次のように述べています。

プレゼンテーション1

このお話は、大人の私たちにも
意義があります。

スマホやPCの画面
自室やオフィスの壁
あるいは通勤・通学・散歩中に
いつも目にする景色

そこには多くの過剰な装飾に
あふれているはずです。

良かれと思ったされた教室の壁の
装飾ですら、集中力を奪っていたのです。
無配慮に押し付けられている
日常の光景は、どれくらい集中力を
奪っていることでしょうか。

画像4

ぜひ、日常目にする過剰な装飾を
減らしていきましょう。
それにより知らず知らずのうちに
失われていた集中力を
取り戻すことができますよ。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

周囲の雑音や望まない波動に
左右されずに、本来の自分自身に
いつでも戻れる方法として
おすすめなのが「レイキ」です。

日本発祥世界800万人が実践する
健康法・ヒーリング法です。

これにより、いつでも手を当てるだけで
本来の望むあなたに戻ることができます。
科学大国のアメリカではナンバー1
医療機関が採用し、ハーバード大学では
研究所もあるメソッドです。
興味のある方は、オンラインセミナーで
その魅力をお伝えします。
▼詳細は黄色いボタンをクリックしてください

レイキ講演会

詳細はこちら

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。人生神芝居!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位