あのアップル創業者スティーブ・ジョブスにNo!といった男の話。YESは好感をうむ、ではNoがうむものは?
見出し画像

あのアップル創業者スティーブ・ジョブスにNo!といった男の話。YESは好感をうむ、ではNoがうむものは?

「できれば、断りたくない」
多くの人の本音です。

相手の頼みを断ったばかりに
失望する顔を見ることに
罪悪感すら感じます。

こうした”YES"の返事は、好感をうみます。
でも”No"の返事だって実は意味があります。

1. スティーブ・ジョブスにNo!といった男

ポール・ランドという
アメリカを代表する
デザイナーがいました。

企業ロゴのデザインに革命を起こした人物です。
彼にはこんな別名があります。

プレゼンテーション1

1985年、スティーブ・ジョブスは
立ち上げたばかりのNext社のロゴを
ポールに依頼しました。

もっとも依頼内容は常識的なものでした。
「いくつか候補をだしてください」

でもポールはそれを拒絶。

たった1個の、しかし最高の
デザインを提出することを提案してきたのです。

当然、ジョブスは苛立ちます。

しかし提出された完成品は見事なものでした。

後年、ジョブスは、ポールを評してこう述べています。

「彼は私が知るなかで最高に
 プロフェッショナルな人間だ。」

2. YESは「好感」を、NOは「尊敬」を生む

私たちは、YESという言葉が大好きです。
たしかにYESは言いやすい。
そして好感が保証されています。
でも、その代償は「自由」です。

逆に、Noは言いにくい。
多くの場合は、目の前の相手の顔を曇らせます。
しかし、その報酬は「自由」であり、
突き詰めた先には「尊敬」があります。

あなたの辞書にも
No!という言葉を入れてみてはいかがですか?

本日もお読みいただき
ありがとうございます。

「そんな勇気はないよ!」という方も
いるかもしれません。
でも、”No!”というために必要なのは
「勇気」ではなく、「優先順位」です。
自分が本当に大切にしたいことは何か?
それを毎日、自然に確認できてしまう
仕組みに興味のある方は、こちらの
オンラインセミナーにおこしください。
▼詳細は下の記事をごらんください

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。好機萬来!
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位