望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』36冊89万部7ヶ国出版
全盲の金メダリスト河合純一さんが視覚を失ってから手に入れたものとは?四感を活用すると世界は鮮明にみえる
見出し画像

全盲の金メダリスト河合純一さんが視覚を失ってから手に入れたものとは?四感を活用すると世界は鮮明にみえる

「実は水泳は目が
 見えなくなってからのほうが
 面白くなったのです。」

2016年、日本人初の
パラリンピック殿堂入り
果たした元水泳選手の
河合純一さんの言葉です。

画像1

5歳から水泳をはじめ河合さんは
15歳で先天性ブドウ膜欠損症で
視力を失います。

しかし、不屈の努力で1992年
バルセロナパラリンピック全盲部門に出場、
その後金メダル5個を含む21個のメダルを
獲得されています。

河合さんが出場されたのは、S11(全盲の部)。

参加選手は全員、公平性を保つために
光を遮断する黒いゴーグルを
付けなければなりません。

隣のコースの泳ぎは見えず
ただひたすら自分に集中するしかありません。

すると、入水のときのひじの角度
水をかく時の力の入れ方・抜き方が
はっきりとイメージできるよう
になったといいます。

河合さんはこうおっしゃいます。

「見える時は何も考えずに、
ただ泳いでいるだけだったと思います。」

目が見えることはありがたいことです。

しかし私たちはあまりにも視覚に
頼りすぎているともいえます。

視覚以外の四感をもう少し活用してみましょう。
するとより一層世界が鮮明に感じられますよ。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

私達が忘れている感覚の1つが触れるという
「触覚」です。日本が誇るタッチセラピー
「レイキ」はその感覚を思い出させてくれます。
興味のある方はこちらのオンラインセミナーにお越しください
▼詳細は黄色いボタンをクリック

レイキ講演会

詳細はこちら

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考文献 P.40~45





みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。好機萬来!
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』36冊89万部7ヶ国出版
著書『魔法の読書法』(イーストプレス)『魔法の宝地図』(カドカワ)『最強の習慣術』(ディスカバー21)『癒しの手』(きずな)36冊.89万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈