睡眠は記憶力だけでなく、洞察力もアップさせてくれる 睡眠にまさる能力開発はない!
見出し画像

睡眠は記憶力だけでなく、洞察力もアップさせてくれる 睡眠にまさる能力開発はない!

「よく睡眠をとると、記憶力がよくなる」
あなたも聞いたことがあるはずです。

睡眠中には海馬細胞集合体が再活性化します、
すると海馬ネットワークに一時的に保存された
記憶の符号が大脳新皮質で再生されます。
この過程で、昼間おぼえた記憶が長期保存され
正確に引き出しやすくなるのです。

そう考えれば、テスト前は
一夜漬けをするくらいならば
早く寝た方がよいでしょう。

さて、睡眠はこうした昼間の記憶を定着
させるだけではありません。

なんと、昼間では気づかなった
発見やひらめきも導いてくれる
可能性があるのです。

1.  睡眠は「洞察力」を引き出してくれる

2004年 ドイツ リューベックの大学 
ヤン・ボルンらは興味深い研究を
発表しました。

参加者に1、4、9の数字で
構成された数字列を見せ 
最後の数字を当てる課題をやってもらいます。

課題には隠された裏ルールがあり、
最初から2番目の数字が
最後の数字と一致する構成でした。

最初の課題の後に、参加者は3パータンの
行動をとってもらいました。

A群)夜間に8時間睡眠をとってもらう
B群)夜間起きていてもらう
C群)昼間起きていてもらう

画像2

その後の再テストでは
睡眠をとったA群(発見率59.1%)は
覚醒していた他の群(発見率22.7%)に比べて、
約2.6倍の発見率をほこっていました。

いわゆる「洞察」が起きたのです。
「洞察」とは、行動を質的に
変化させることができる
明確な知識が突然降ってくることです。

2. 睡眠こそが最強の能力開発

研究チームは次のように述べています。

プレゼンテーション1

この仕組みはまだ不明な点も多いですが
海馬と関連する側頭葉内側構造の再構築機能に
よるものとされています。

いかがでしたか?

デザイナーのフィリップ・ストラックは
毎晩寝る前に妻に言うそうです。
「これから仕事に出かけるよ。」

睡眠にはまさる能力開発はありません。
疲れたら無理せず早く寝ましょう。
そして脳に勉強してもらいましょう。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

よく眠るためには、心身のリラックスが
かかせません。100年前日本で生まれた
世界レベルのリラクゼーションメソッドが
そのお役に立てます。興味のある方は
こちらのオンラインセミナーにお越しください
▼詳細は黄色いボタンをクリック

レイキ講演会

詳細はこちら

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文
参考文献(P.300)



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。好機萬来!
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』35冊87万部7ヶ国出版
著書『魔法の読書法』(イーストプレス)『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『癒しの手』(きずな)35冊.87万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈note急上昇ランク2位