見出し画像

経営学の神様「ピーター・ドラッカー」が拒否の返事の中で答えた生産性の極意 捨てる勇気から才能は生まれる

「フロー体験」という言葉があります。

すべての心のエネルギーを
今この瞬間に没頭した状態で
驚くべきパフォーマンスが
発揮できることです。

この概念を提唱した人が
ミハイ・チクセントミハイ博士です。

彼は、「日常生活の心理学では
20世紀最高の心理学者」と
称されました。

しかし、そんな博士からの
直々のインタビュー依頼にNo!を
突きつけた人物がいました。

1.  最高の心理学者のインタビューを断った最高の経営学者

彼の名前は、ピーター・ドラッカー。

画像1

いわずとしれた
現代経営学の大家です。

ドラッカーは、ミハイからの
「創造性に関するインタビュー」を
断ったのです。

しかし、その断りの返事の
素晴らしさは後に伝説になりました。

2.  才能は捨てる勇気から生まれる

ドラッカーは、ただ断るだけでなく
実はミハイの質問にしっかりと
答えていたのです。

ドラッカーは、丁重な断り文句の後で
このように述べています。

「私にとって生産性の秘訣とは、
(創造性はわかりませんが
 生産性は信じます。)
 特大のくずかごを用意し、
 すべてのこうした誘いをその中に
 入れることなのです。」

「これまでの経験から言って、
 生産性とは他人の仕事を
 助けることではありません。」

「天から与えられた才能を最大限に
 生かすべく、持てる時間のすべてを
 そこに費やすことなのです。」

画像2

才能は、徹底的な集中からしか
生まれません。

ただ、私たちの目の前には
あまりにもやることが多すぎます。

それをいかに切り捨てるか。
必要なのは結局、「勇気」です。

損するお誘いならば、
迷うことなく断れます。
でも得する美味しい話を
例外扱いせず切り捨てられるか。

この時、迷いを断ち切ってくれるのは
「本当の望むことが分かっているか否か」です。

まずは本当に大好きなことを見つけましょう。
それはあなたに捨てる勇気をくれますよ。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

とはいえアタマの中だけで
考えても本当に望んでいることは
見えてきません。あえて形にして
みることで一目瞭然になります。
そのために最適な方法が「宝地図」です。
興味のある方は下記のオンラインセミナーに
お越しください。
▼詳細は下のバナーをクリック

宝バナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考文献(P.168~169)




この記事が参加している募集

#新生活をたのしく

47,820件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?