望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』36冊89万部7ヶ国出版
習慣作りの最大の鍵は「なぜ」やるか?ではなく、「○○」やるか?6週間で一生モノの運動習慣を身につける方法
見出し画像

習慣作りの最大の鍵は「なぜ」やるか?ではなく、「○○」やるか?6週間で一生モノの運動習慣を身につける方法

質問です。

「良い習慣を身につけるために
 一番必要な要素は何だと思いますか?」

実践する環境が整っていること
習慣にする作業自体が難しくないこと
やる気に満ちていること・・・

どれも大切ですよね。

しかし、最新の研究によれば
習慣化の最大の決め手は「一貫性」
であるとされています。

一体、何の一貫性なのでしょうか?

1.週に4回以上の運動を6週間続けると、運動習慣は確立される

2015年、ビクトリア大学の研究チームは
興味深い研究を発表しました。

ジムに入会したての111名の会員を対象に
12週間に渡り、1回30分週5回の中~強
レベルの運動に取り組んでもらいます。

そして運動への取り組み具合と運動習慣の
定着の関係性を調べました。

結果として、1週間に4回以上の運動を
しっかりこなしていたグループは
研究開始6週目(42~49日)がすぎる頃には
運動習慣の確立が確認されました。

習慣は繰り返しで定着しますが
その長さについては議論があります。

本実験では、運動習慣においては週4回行えば
6週間経過後あたり(約1ヶ月半)で、ブレない
習慣が身につくことがわかりました。

2. 習慣を身につける最大の鍵=「毎日いつやるか」を決める

とはいえ、1回30分だとしても週4回って
結構たいへんですよね。

この点、見事に習慣化を果たした会員の多くは
共通した指針をもっていました。

「時間的一貫性」です。

すなわち「毎朝6時には定期的に運動する」
「夕食後は運動するなど」といった
特定の時間や特定の活動の後に運動することを
予め決めていたのです。

プレゼンテーション1

何か身につけたい習慣があったら
決意を固め直すよりも
実際に毎日いつ(何時に)取り組むかを決めしょう。

その時間を天引きして
毎日設定しておき、時間がきたら
問答無用で取り組みましょう。

それが習慣作りの最短ルートです。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

みんなが求める速読の習慣も
このようにして身につけられます。
より詳しい方法に興味のある方は
下記のオンラインセミナーにお越しください。
▼詳細は下のバナーをクリック

4Cバナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE


参考論文



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。好機萬来!
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』36冊89万部7ヶ国出版
著書『魔法の読書法』(イーストプレス)『魔法の宝地図』(カドカワ)『最強の習慣術』(ディスカバー21)『癒しの手』(きずな)36冊.89万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈