人は0.01秒でも高い金額の報酬をみると、やる気脳にスイッチが入っていた!お金が好きな自分を好きになろう。
見出し画像

人は0.01秒でも高い金額の報酬をみると、やる気脳にスイッチが入っていた!お金が好きな自分を好きになろう。

「お金が人を変える」といえば
なんだかネガティブな感じがします。

しかし、私たちの脳はどうやら
一瞬でも高いお金をみると、
反応しないではいられないようです。

お金という避けては通れない問題を
一緒に見ていきましょう。

1. 0.01秒だけ見えたコインに気付けるか?
 

2007年、パリ脳科学研究所の
マティアス・ペシグリオーネらの
研究チームは興味深い研究を
発表しました。

PC画面上に、2枚のダミー画像をはさんで
1ペニー(約2円)または
1ポンド(約200円)のコイン画像が
表示されます。

画像1

表示時間は、0.017秒、0.050秒、0.1秒の3種類。

18名の参加者は、コイン画像が見えた瞬間に
パワーグリップを思いっきり握ります。

それにより画面上の温度計の液面が上がり、
その高さに応じて、表示されたコイン画像に
相当する報酬がもらえるという課題です。

表示時間は本当に一瞬です。
参加者のほとんどは
最も長い0.1秒間の表示ではじめて
コインの金額を認識できていました。

しかし、実験中の計測データをみると
とても面白いことが分かりました。

2.人は無意識に大きな報酬を見ると、動いてしまう

それは、どんなに短い表示時間であっても
参加者のグリップをにぎる握力や皮膚伝導反射は
1ペニー(2円)よりも1ポンド(200円)が
表示されたときが、大きかったのです。

このとき参加者の脳内では、
大脳基底核にある
側腹淡蒼球という部位が活性化していました。

この部位は、2012年の橘吉寿先生の研究により
もらえる報酬量を予測して、
行動をおこすモチベーションに変える
役割があることが分かっています。

いわば、脳の「やる気センサー」です。

つまり、人間は大きな報酬が表示されれば
それがたとえ意識できていない場合でも
行動意欲が湧いてしまうのです!

画像2

いかがでしたか?

私たちは、これほどまでに
経済的動物なのか!とも
思ってしまいます。

でも逆にいえば、
「お金が好きになれる」
「お金が好きな自分を好きなれる」ことで
いつでも大きなやる気を
手に入れることができるのです。

お金は信用に基づいたフィクションです。
だからこそ、そこには自由にあなたなりの
イメージをもたせることができます。

お金を「やる気」の素と捉えて
ポジティブに活用できた瞬間、
実はあなたは「お金」から自由に
なっているのです。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

お金は人生の悲喜劇の源です。
なぜならば、そこには個々人の
子供の頃までさかのぼる
「お金に関する物語」があるからです。
それを紐解く方法に興味のある方は
こちらのオンラインセミナーにお越しください。
▼詳細は下のバーをクリック

画像3

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。叶う夢だから心に宿る
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位