2022年以降は「速読的生き方」が主流になる 誰もが日々10万字以上の情報のなかを泳ぐ時代に
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2022年以降は「速読的生き方」が主流になる 誰もが日々10万字以上の情報のなかを泳ぐ時代に

以前、カリフォルニア大学の
世界情報産業センターは、
人々の毎日の情報消費量について
驚きの調査結果を発表しました。

2008年のアメリカ人が1日に
情報消費に使った時間は、平均12時間でした。

そして、新聞やネットなどの20種類以上の
情報源を分析したところ、
1日で34ギガバイト、文字にすると
【1日10万500語分】の情報を
消費していることが分かりました。

1日10万字も本を読む人がいれば
凄まじい読書家ですよね。

でも、情報化社会に生きる私達は
無意識にそれと同じくらいの情報処理を
行っているのです。

しかもこれは14年前の調査です。
コロナ禍を経てテレワークが急増した
2022年以降の世界では
この倍以上の情報量に日々接してると
言ってもいいかもしれません。

これまでの時代は、いかに速くいかに
大量の情報を得るかが勝負でした。

しかしこれからの時代は、いかに
情報を削り、絞っていくかが
勝負になります。

今年発表された研究によれば、
人は情報に接するときに
次の3つのフィルターで選んでいることが
わかりました。

画像1

私達が情報増大化社会でまず行うべきことは
自分の情報フィルターの掃除です。

自分は何に喜ぶ人間か?
自分は本当は何にどうなりたいのか?

それを知ることで、フィルターの目は
細かくなり、無関係な情報を脳は
無視できるようになります。

いわば自分に必要な情報だけを
素早く目の前から拾い上げる
「速読」の手法が「生き方・ライフスタイル」に
おいても必要になってきます。

その先には何が起きてもブレない
あなたが出来上がることでしょう。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

脳の情報フィルターの掃除の結果
起きる現象が、いわゆる「引き寄せ」です。
最も現実的で再現性のある「引き寄せ」について
新春企画で語ります!興味のある方は
下記のオンラインセミナーにお越しください。
▼詳細は下のバナーをクリック

画像2

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめましての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。叶う夢だから心に宿る
望月俊孝🌈どん底からV字回復.速読&潜在能力開発🌈『宝地図』『癒しの手』34冊85万部7ヶ国出版
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。🌈note急上昇ランク2位