18ヶ月の赤ちゃんですら、自分の先生を選んでいた!脳から考える「結局、伝わっていない」をなくすための教える前の一言とは?
見出し画像

18ヶ月の赤ちゃんですら、自分の先生を選んでいた!脳から考える「結局、伝わっていない」をなくすための教える前の一言とは?

「生後18ヶ月の子どもは新しい単語を
 1回で学習する!」

あなたも私も乳児の頃は、脳の
情報伝達を司るニューロンをつなげる
シナプスが今の2倍あり、新しい
情報をどんどん吸収することが
できました。

とはいえ、ある要素が加わると
それが妨げられてしまいます。

学習の原点に立ち戻り、
本当に効果的な学習法を考えてみましょう。

1. 先生が見えないと、言葉を憶える力が下がる

1996年 オレゴン大学の
デア A. ボールドウィンは
興味深い実験をしました。

18ヶ月から20ヶ月の赤ちゃん
32名に協力してもらい、
彼らに珍しいおもちゃの名前を
教えた後で、それを当ててもらいます。

ただし、ある群は教えるスタッフが
不透明な紙芝居の後ろに隠れて
姿が見えない状態で声だけで伝えました。

いざ、教えたおもちゃの名前について
該当するものを指差してもらうと
面白いことが分かりました。

画像1

名前を教えるスタッフの姿が
見えていたときは、
平均63%の赤ちゃんが正確に
該当物を指差しましたが、
スタッフの姿が隠れていて
声だけだったときは、
平均46%に留まっていたのです。

2. 人は意図が読めない人からは学べない

なぜ、このような現象が起きるのでしょうか?

研究チームは次のように考察しています。

プレゼンテーション1

何でも吸収するように
思える赤ちゃんですら
教える人の意図を読んで
憶えるものを選んでいたのです!

これは、学習の原点だと思います。
結局、人は「先生」から学びたいのです。
「先生」とは教職者だけに限りません。

何か自分に意図して注意をひきつけ
新しい見方・技術を教えて
同じものを共有しているかフィードバックを
与えてくれる存在は、みな「先生」です。

3.【何か】を伝える前に、自分は【誰か】を伝える

そこで大切なのは、

プレゼンテーション1


「自分はなぜあなたに伝える資格があるか」を
まず伝えることです。

本実験のように、
人は教える側の意図を読み
その範囲で吸収しようとします。
「先生」とみなしていない人から
何か言われても、結局残らないのです。

(赤ちゃんでもそうなのですから)
(大人はなおさらでしょう)

とはいえ、やることはシンプルです。
何か伝える前に次の言葉を付け加えましょう。

「○○という立場からいえば」
「○○した経験からいうと」
「○○で学んだことだけど」

画像4

この一言で、相手は自然と
意図して自分の注意を変える
「先生」だとみなして、
その後に続く話をより真剣に
受け取ってくれることでしょう。

本日もお読みいただき
ありがとうございました。

だからこそ、あなたが影響力をもつときの
最初のステップは「自分が誰か」を知ることです。
今の状況や環境を超えて、あなたが目指すべき
目標が明らかなると、自分の立場に力が生まれます。
そのためにお役に立てるスキルが「宝地図」です。
興味の有る方は、下記のオンラインセミナーで
その秘訣をお伝えいたします。
▼詳細は下のバーをクリックしてください

宝バナー

ヴォルテックスLINEチャンネル、始動

はじめての方も
すでに望月俊孝の
公式LINEやFB、メルマガに
ご登録いただいている方も必見!

毎日更新おすすめ記事
最新イベント情報
不定期Lineライブ配信!

ご登録は【10秒】で完了です
【登録後、プレゼントをお届け】

公式LINE

参考論文



この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。フォローもお待ちしています。叶う夢だから心に宿る
著書『魔法の宝地図』(カドカワ)『自分が変わる本』(フォレスト)『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』(ダイヤモンド)『癒しの手』(きずな)34冊.84万部.7ヶ国語出版。36歳の時.多額の借金..リストラ。宝地図とレイキ・速読でV字回復。フォロバ100🌈note急上昇ランク2位