マガジンのカバー画像

ライフワーク徹底考察

48
「大好きなことを仕事にする」 ライフワークという言葉がなかった時代から 「目に見ず」「安くなく」「前例がなく」 それでも伝えたいコンテンツだけで27年間 成長してきたビジネスの秘… もっと読む
運営しているクリエイター

#宝マスター

あなたがしている14通りのお金の使い道 あらゆるビジネスにおける万能のキーワードと…

あなたは「地図」は好きですか? 子供の頃、夢中になって眺めた経験が ある方もいるでしょう。…

「対面」で頼むと、「メール」のより約56%増しでOKされた!ドキドキするからこそ生ま…

質問です。 「『対面営業』と聞いて 何が浮かびますか?」 押し売り・飛び込み・○○勧誘・・…

【残り1回残席わずか】1年間のお礼を込めて 2020年解散危機のヴォルテックスの舞台裏…

来月より弊社は第26期を迎えます。 これも皆様の応援のおかげです。 本当にありがとうございま…

人が「自分にごほうび」で贅沢品を買ってしまう心理 商品提供の前にお客様と一緒に考…

「人は後ろめたいことをした後は、  なぜか優しくなる」 あるあるですよね。 では、逆はどう…

なぜ、ドミノ・ピザはUSPの金字塔「30分以内に届かなければ、無料」宣言をやめたのか…

1973年、ある1行の宣伝コピーが 世界のビジネスの常識を変えました。 ご存知、ドミノ・ピザの…

なぜ、目的や夢は最初から伝えた方がよいのか?人を動かす極意【一貫性】。

「結論から言ってくれ!」 「それで、一体何がしたいの?」 話の筋道が見えないと ついつい言…

テストの名称を変えただけで、正解率が38%上がった!教育もビジネスも「固定観念」を覆すためにある!

あなたは次の2つの文章を読んで どう感じますか? 1)「女性だから、家事が上手い」 2)「女性だから、数学が苦手」 「結局、人それぞれでしょ?」 その通りです。 しかし、私達は よくも悪くも一つのカテゴリーに 属するものに対して、画一的な 先入観を持ってみています。 これを「ステレオタイプ」と言います。 実は、これは現実的な「脅威」になる 負の側面を持っています。 たとえば、アメリカでは上記2)の ステレオタイプのイメージが社会に 根付いています。 すると、女性は

スキ
103

商品への好印象を自然に創る2つの質問とは?

『物』より『思い出』 『モノ』から『コト』へ 製品の価値は「所有」から「経験」に 移行しつ…

なぜ日本でヨガブームは60年間も続いているのか?お客様は、商品の前に「カテゴリー」…

自粛のときに最もにぎわう場所は 「オンライン」の世界です。 オンラインショッピングの 商品…

人は6人組になると、1人ずつのときより【64%】手抜きをする!リンゲルマン効果を予防…

「一人はみんなのために  みんなは一人のために」 お互い団結し合い、 大きな力を発揮し、 …

人は、尊敬する先輩と誕生日が同じだけでやる気が65%上がる!誰も見ていない所でモチ…

質問です。 「人は何があれば やる気が上がるでしょうか?」 膨大な報酬? 恋人からの応援?…

人は「すごい!」よりも「すごいらしい・・・」で動く 18世紀フランスである野菜を普…

質問です。 「もし、あなたが新しいお野菜の  セールスを任されたらどうしますか?」 その野…

何もしないで良い超便利な商品ほど売れない理由 70年前に立証された「充実感どろぼう…

「あなたは何もしなくて構いません!」 よくある商品のキャッチコピーです。 ここまで断言す…