マガジンのカバー画像

「4C速読・読書・学習法」大百科

70
4C|change(変化)・challenge(挑戦)・chance(機会)・choroi(ちょろい)! 既存の「読書会」・「速読」・「学習法」の 常識を覆すアウトプット主体 … もっと読む
運営しているクリエイター

#望月俊孝

47%の人が月に1冊も本を読まない日本で。本が与えてくれるのは、知識や情報では【な…

2018年(平成30年)文化庁は 「国語に関する世論調査」を発表しました。 中にはこんな統計が…

「やりたいことは全部やろう」の本当の意味 巨匠ピカソを3年間独占した伝説のコレク…

誰もがお金の不安を抱えています。 「貯金以外の投資をしたいけど、怖い」 という声をよく聞き…

世界の超富裕層1%が4割の富を独占する世界。格差を狭めるのは、「お金」ではなく「時…

1.  世界の超富裕層1%、4割を独占 年末に次のようなニュースが 飛び込んできました。 □ …

2022年以降は「速読的生き方」が主流になる 誰もが日々10万字以上の情報のなかを泳ぐ…

以前、カリフォルニア大学の 世界情報産業センターは、 人々の毎日の情報消費量について 驚き…

「分かりやすく」「気持ちよく」「摩擦の少ない」情報以外も見えるようになるのが、大…

DDTという有機塩素系の農薬があります。 日本では使われる場面は、ほとんどありませんが 今で…

人生を変える1Book・3Point・1Action 電気の父 ろうそくの科学 マイケル・ファラ…

マイケル・ファラデー(1791年~1867年) 「電磁誘導の法則」、 「反磁性」、「電気分解の法…

トーマス・エジソンの人生を変えた運命の1冊の本。発明王の人生の3つの誤解と1つの新発見

トーマス・アルバ・エジソン (1847年~1931年)。 言わずとしれた発明王です。 「白熱電球」「蓄音機」 「活動写真(映画)」をはじめ 生涯1084件の特許を取得し 現代社会の基盤を作った偉人です。 あなたも学習漫画やTV番組で ご存知のはずです。 しかし、彼ほど 誤解されている偉人はいません。 あなたは、「エジソン」と聞いて どんなイメージが浮かびますか? 「孤独な発明おたく」 「独創的すぎてPRべたな発明好き」 本場アメリカでもたいていの人は そんなイメー

スキ
27

70代でも20代より脳が発達していた!老化に負けない「たくみな」脳の使い方とは?

年を取ると、パフォーマンスが下がる。 これは残念ながら本当です。 特に記憶力や注意力の分野…

体感時間は一定ではない。オッドボール効果でラクに加速学習をしよう

「時間が止まって感じた」 交通事故一歩手前の瞬間や スポーツの決勝ゴールの瞬間など よく聞…

ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブス、アラン・ケイ、ITの巨人はみな読書の達人だった

「読書をしましょう」というと 必ずされる反論があります。 「ネットで十分でしょう」 たしか…

本はあなたのセルフイメージを上書きしてくれる 自分と向き合うのが苦手なあなたに

「自分の心の声に耳を傾ける」 正しい在り方として、 支持されていることです。 たしかに人…

電子書籍端末(kindle)vs紙の本、読解力は本当に変わるのか?紙の本の方が良いあるポ…

読書は紙の本でしますか? それともkindleのような 電子書籍端末ですか? 電子書籍端末は秀逸…

核心をつく答えは、核心をつく質問から生まれる。交渉も学習も上手くいく質問法とは?

2012年、ウォールトンスクールの 3人の研究者はとても 面白い研究を発表しました。 実験の参…

読書中の脳に起きるシンクロ現象 私達は物語の登場人物と本当に感覚を共有していた!

「物語に入り込む」 「登場人物に感情移入する」 読書の醍醐味の1つです。 しかし、近年この表現が比喩ではなく 本当に読者の脳にシンクロ現象が 起きることが判明しました。 1. 読書中の起きる脳のシンクロ現象 2009年 ワシントン大学の ニコル・キャサリン・スピアの 研究チームは驚くべき研究を 発表しました。 28名の参加者に、ショートストーリーを 読んでもらい、その間の脳の活動を 計測しました。 物語は、ある少年の1日の4場面を 描いたものです。 「主人公が朝

スキ
77