マガジンのカバー画像

「4C速読・読書・学習法」大百科

93
4C|change(変化)・challenge(挑戦)・chance(機会)・choroi(ちょろい)! 既存の「読書会」・「速読」・「学習法」の 常識を覆すアウトプット主体 … もっと読む
運営しているクリエイター

#目標達成

天才メスチンパンジーが教えてくれる大人の学習と仕事の極意

「数字が苦手」「長文は苦手」 大人になってもよくある悩みです。 残念なことに学生の頃に、 …

人間の赤ちゃんは【猿真似】をしない!私達は1歳の頃から、プロジェクト思考をやって…

1995年、世界的な発達心理学者 アンドリュー・N・メルツォフは こんな面白い研究を発表しまし…

仕事探し中・学校選び中の方に朗報!この点さえズレなければ、選んだ環境はあなたの可…

先月、こんなニュースがありました。 コロナは教育のオンライン化を 途方もなく加速させまし…

人は3回言われただけで、偽の記憶をもってしまう!信じ込んでいた偽の記憶をウソだと…

「人生は後ろ向きにしか理解できないが、 前を向いてしか生きられない。」 セーレン・キルケ…

「ちょっと待てよ」とつぶやける勇気 自粛生活の隠れた問題「認知的閉鎖欲求」の実態…

こんなニュースがありました。 あと数ヶ月後には、 多くの人は緊急事態宣言下の 自粛生活を遠…

目標達成のコツは自分の脳と仲間の脳に「お任せ」すること 聖書の叡智を理工系最高峰…

こんな言葉を知っていますか? 「求めよ、さらば与えられん」 知っている方も多いでしょう。 …

脳科学が明かす真実!対話の鍵は、話し手ではなく、「聞き手の脳」にあった。読書家ほどコミュ力が高い理由も解説。

「本ばかり読んでいる人は  生の人間と上手くやっていけない」 下手したら100年以上前からある 「読書懐疑論」です。 でも、私は断言します。 「読書なしでは、すぐに コミュニケーションに限界がくる」 理由は、人間の脳にあります。 1. おしゃべりは、全脳を使ったコミュニケーションだ 2010年プリンストン大学の グレッグ・J・スティーブンスは、 自然な会話をしている者同士の 脳の活動について、興味深い 研究結果を発表しました。 両者に光学マイクをつけて fMRI

スキ
132

「やれそう」「勝てそう」の見込みが外れる理由 試験・試合・コンペで必ずおこる「状…

A.「選抜入試の日程が【延期】された」 B.「選抜入試の日程が【前倒し】になった」 あなたが…

【4C速読法のススメ】本を読む人が明るい理由 「まさか」の予習法

おはようございます 「魔法の宝地図」著者の望月俊孝です。 1.人は悲観的なシナリオを目に入…

【4C読書のすすめ】本への最高の恩返しは、実践すること

おはようございます。 「魔法の宝地図」著者の望月俊孝です。 1.好奇心は、本質に通じる 197…

【4C学習法】復習の力 大人の学習は「当たり前」を「賢く」

こんにちは 「魔法の宝地図」著者の望月俊孝です。 1.「復習」しないから、もうからない こ…