マガジンのカバー画像

「4C速読・読書・学習法」大百科

70
4C|change(変化)・challenge(挑戦)・chance(機会)・choroi(ちょろい)! 既存の「読書会」・「速読」・「学習法」の 常識を覆すアウトプット主体 … もっと読む
運営しているクリエイター

#脳科学

2022年以降は「速読的生き方」が主流になる 誰もが日々10万字以上の情報のなかを泳ぐ…

以前、カリフォルニア大学の 世界情報産業センターは、 人々の毎日の情報消費量について 驚き…

70代でも20代より脳が発達していた!老化に負けない「たくみな」脳の使い方とは?

年を取ると、パフォーマンスが下がる。 これは残念ながら本当です。 特に記憶力や注意力の分野…

体感時間は一定ではない。オッドボール効果でラクに加速学習をしよう

「時間が止まって感じた」 交通事故一歩手前の瞬間や スポーツの決勝ゴールの瞬間など よく聞…

本はあなたのセルフイメージを上書きしてくれる 自分と向き合うのが苦手なあなたに

「自分の心の声に耳を傾ける」 正しい在り方として、 支持されていることです。 たしかに人…

電子書籍端末(kindle)vs紙の本、読解力は本当に変わるのか?紙の本の方が良いあるポ…

読書は紙の本でしますか? それともkindleのような 電子書籍端末ですか? 電子書籍端末は秀逸…

【保存版】科学から見た速読の3つの嘘と1つの真実 5分間で2倍速になるコツも紹介…

「私はページの真ん中に 指を走らせる速読コースを受講し、 『戦争と平和』を20分で読むことが…

読書中の脳に起きるシンクロ現象 私達は物語の登場人物と本当に感覚を共有していた!

「物語に入り込む」 「登場人物に感情移入する」 読書の醍醐味の1つです。 しかし、近年この表現が比喩ではなく 本当に読者の脳にシンクロ現象が 起きることが判明しました。 1. 読書中の起きる脳のシンクロ現象 2009年 ワシントン大学の ニコル・キャサリン・スピアの 研究チームは驚くべき研究を 発表しました。 28名の参加者に、ショートストーリーを 読んでもらい、その間の脳の活動を 計測しました。 物語は、ある少年の1日の4場面を 描いたものです。 「主人公が朝

スキ
77

読書は理性と感性の冒険旅行 本を読む人が脳の中でしている2つのこと

読書の秋ですね。 紅葉の時期もあり、外に行くか 本を読むか休日に迷う方も いるかもしれませ…

記憶力を上げるには、「落ち着かない」こと 感情体験が残る記憶を創る

「記憶術」 能力開発における 永遠のヒット商品です。 誰もが欲しい能力ですよね。 では、そ…

独学で上達した分野こそ、多人数クラスにすすんでほしい理由 人の目が成長につながる…

「独学」か「集団学習」か? オンラインが発達した今、 改めて問われている問題です。 「YouT…

天才メスチンパンジーが教えてくれる大人の学習と仕事の極意

「数字が苦手」「長文は苦手」 大人になってもよくある悩みです。 残念なことに学生の頃に、 …

たった1ステップで発想力が11%上がった方法とは?シカゴ大学が証明した簡単・無料の…

「新しい発想がでてこない」 子供から国の宰相まで悩むことです。 大人の教育では最重要課題で…

私達が「死ぬ」ことよりも恐れるべきもの あなたが見ている世界 見てない世界

問題です。 次の写真をごらんください。 ▲写真提供 shutterstock さて、あなたの視線は写…

3つの言葉をつなげれば、人は動く。昔話の時代から続く、「行動力」と「影響力」を生むストーリーの力

「むかし、むかし、あるところに」 お話の定番の始まり方です。 思えば「お話(ストーリー)」は唐突です。 語る言葉だけで、聞き手を今いる場所から 今ここにない空間に導いてしまいます。 ストーリーの語りだしの部分は、 ある意味「ワープ装置」です。 強力に注意をひきつけなければなりません。 では、そもそも「注意」とは何でしょうか? アメリカの心理学者マイケル・ポズナーは 「注意」を次の3種類に大別しています。 これを昔話「桃太郎」の冒頭に 当てはめてみましょう。 いかが

スキ
105