マガジンのカバー画像

「4C速読・読書・学習法」大百科

93
4C|change(変化)・challenge(挑戦)・chance(機会)・choroi(ちょろい)! 既存の「読書会」・「速読」・「学習法」の 常識を覆すアウトプット主体 … もっと読む
運営しているクリエイター

#脳科学

ミラーニューロン効果 なぜモデルよりも一般女性の写真の起用で、高級ドレスのレンタ…

2017年の秋、アメリカの 女性向け高級ドレスのレンタルサービス 「レント・ザ・ランウェイ」は…

志は、心の痛みの予防薬。遠い未来を想像すると、近い未来の30倍、情動の調節機能が働…

「仲間はずれ」 とても嫌な言葉ですよね。 誰もが心の痛みを感じた 体験があると思います。 …

一番記憶に残る方法は【音読】だった!声に自信がない方こそ「音読」学習が効果がある…

「自分の声を録音や録画をして聞くと すごい変な感じがする」 あなたも経験があるかもしれま…

なぜ上手い研修・授業では受講生同士の話し合いの時間があるのか?最高の復習は「話す…

「知性とは、驚く能力のことである」 フランスの哲学者 ロラン・バルトの言葉です。 実際に…

2022年以降は「速読的生き方」が主流になる 誰もが日々10万字以上の情報のなかを泳ぐ…

以前、カリフォルニア大学の 世界情報産業センターは、 人々の毎日の情報消費量について 驚き…

70代でも20代より脳が発達していた!老化に負けない「たくみな」脳の使い方とは?

年を取ると、パフォーマンスが下がる。 これは残念ながら本当です。 特に記憶力や注意力の分野…

体感時間は一定ではない。オッドボール効果でラクに加速学習をしよう

「時間が止まって感じた」 交通事故一歩手前の瞬間や スポーツの決勝ゴールの瞬間など よく聞く話です。 体験した方もいるでしょう。 体験者はそろって、 世界がより鮮明に見えて 大きな集中力が発揮されたといいます。 なぜこの現象を起きるのでしょうか? そして意図的に起こせるのでしょうか? 1.時間の感じ方は簡単に変わってしまう 2011年 クイーンズランド大学の ライアン・シンデルらは興味深い 研究を発表しました。 暗室で8名の参加者に スコープ越しに スクリーンの中

スキ
52

本はあなたのセルフイメージを上書きしてくれる 自分と向き合うのが苦手なあなたに

「自分の心の声に耳を傾ける」 正しい在り方として、 支持されていることです。 たしかに人…

電子書籍端末(kindle)vs紙の本、読解力は本当に変わるのか?紙の本の方が良いあるポ…

読書は紙の本でしますか? それともkindleのような 電子書籍端末ですか? 電子書籍端末は秀逸…

【保存版】科学から見た速読の3つの嘘と1つの真実 5分間で2倍速になるコツも紹介…

「私はページの真ん中に 指を走らせる速読コースを受講し、 『戦争と平和』を20分で読むことが…

読書中の脳に起きるシンクロ現象 私達は物語の登場人物と本当に感覚を共有していた!

「物語に入り込む」 「登場人物に感情移入する」 読書の醍醐味の1つです。 しかし、近年こ…

読書は理性と感性の冒険旅行 本を読む人が脳の中でしている2つのこと

読書の秋ですね。 紅葉の時期もあり、外に行くか 本を読むか休日に迷う方も いるかもしれませ…

記憶力を上げるには、「落ち着かない」こと 感情体験が残る記憶を創る

「記憶術」 能力開発における 永遠のヒット商品です。 誰もが欲しい能力ですよね。 では、そ…

独学で上達した分野こそ、多人数クラスにすすんでほしい理由 人の目が成長につながる分野・つながらない分野

「独学」か「集団学習」か? オンラインが発達した今、 改めて問われている問題です。 「YouTubeをみれば大抵のことは分かる」 「いや、結局、直接臨場感をもって  学ぶのが一番」 いろんな意見がありますよね。 私自身も、師匠と寝食をともにする 「弟子入り」修行から 最新テクノロジーを駆使した速読・速聴まで 様々な「学び」のスタイルを経験しました。 その中で参考になる情報をシェアします。 1. 人に見られながら、蝶ネクタイを結べる? 1977年 文化心理学の パイ

スキ
94