マガジンのカバー画像

「4C速読・読書・学習法」大百科

93
4C|change(変化)・challenge(挑戦)・chance(機会)・choroi(ちょろい)! 既存の「読書会」・「速読」・「学習法」の 常識を覆すアウトプット主体 … もっと読む
運営しているクリエイター

#読書

世界は「言葉」から変わっていく オゾン層保護のフロンガス規制の歴史を作った2つの…

1974年 科学者マリオ・モリーナらは 1つの概念を提唱しました。 「フロンガスによるオゾン層…

インターネットを発明した男が子供の頃ハマっていた意外すぎる本とは?あなたの人生の…

「何でもこれにあたってください」 イギリスで1865年に生まれた 家庭用百科全集の名前です。 …

歴史的大富豪ビル・ゲイツの4つの習慣 影響力は1人のときに養われる

1323億ドル。 マイクロソフト創設者 ビル・ゲイツの2022年の総資産です。 彼の登場で生まれ…

「話半分」の科学 人は10分間の会話で、平均3回嘘をつく!?初対面から気の置けない…

「少し話を盛ってしまう。」 「自分のことを少しオーバーに  表現してしまう。」 会話の中で…

47%の人が月に1冊も本を読まない日本で。本が与えてくれるのは、知識や情報では【な…

2018年(平成30年)文化庁は 「国語に関する世論調査」を発表しました。 中にはこんな統計が…

体感時間は一定ではない。オッドボール効果でラクに加速学習をしよう

「時間が止まって感じた」 交通事故一歩手前の瞬間や スポーツの決勝ゴールの瞬間など よく聞…

本はあなたのセルフイメージを上書きしてくれる 自分と向き合うのが苦手なあなたに

「自分の心の声に耳を傾ける」 正しい在り方として、 支持されていることです。 たしかに人は、ただ座っているだけで 周囲の環境から心を切り離し、 過去や未来を想像して 自分の内なる世界を探求できます。 この内向きの神経活動は、 「デフォルトモード処理」と呼ばれています。 2011年、ジュネーブ大学教授 キャサリン・バーシックスの 研究によると、人は毎日日常生活の中で およそ【60回】未来について 考えているそうです。 しかしながら、多くの人は 心の声に導かれるどころか

スキ
93

【保存版】科学から見た速読の3つの嘘と1つの真実 5分間で2倍速になるコツも紹介…

「私はページの真ん中に 指を走らせる速読コースを受講し、 『戦争と平和』を20分で読むことが…

読書中の脳に起きるシンクロ現象 私達は物語の登場人物と本当に感覚を共有していた!

「物語に入り込む」 「登場人物に感情移入する」 読書の醍醐味の1つです。 しかし、近年こ…

読書は理性と感性の冒険旅行 本を読む人が脳の中でしている2つのこと

読書の秋ですね。 紅葉の時期もあり、外に行くか 本を読むか休日に迷う方も いるかもしれませ…

あなたが4歳~5歳の頃に受けた「話し方」の授業 大人の問いかけ・読み聞かせが可能性…

あなたは話し方は誰から 学びましたか? プロでもない限りは 「なんとなくできた」という 感…

スタンフォード式プレゼンの授業。数字の約12.5倍、相手の記憶に残る要素とは?

アメリカ屈指の名門校 スタンフォード大学。 そこで毎年、秀才ぞろいの 学生達を驚かせる あ…

20年前に判明していた車の運転中のハンズフリー通話が怖い理由 人は注意を向けたもの…

携帯電話を手にしながら 車を運転することは危険行為として 禁止されています。 では、手を使…

18ヶ月の赤ちゃんですら、自分の先生を選んでいた!脳から考える「結局、伝わっていない」をなくすための教える前の一言とは?

「生後18ヶ月の子どもは新しい単語を  1回で学習する!」 あなたも私も乳児の頃は、脳の 情報伝達を司るニューロンをつなげる シナプスが今の2倍あり、新しい 情報をどんどん吸収することが できました。 とはいえ、ある要素が加わると それが妨げられてしまいます。 学習の原点に立ち戻り、 本当に効果的な学習法を考えてみましょう。 1. 先生が見えないと、言葉を憶える力が下がる 1996年 オレゴン大学の デア A. ボールドウィンは 興味深い実験をしました。 18ヶ月

スキ
120