マガジンのカバー画像

「4C速読・読書・学習法」大百科

70
4C|change(変化)・challenge(挑戦)・chance(機会)・choroi(ちょろい)! 既存の「読書会」・「速読」・「学習法」の 常識を覆すアウトプット主体 … もっと読む
運営しているクリエイター

#速読

2022年以降は「速読的生き方」が主流になる 誰もが日々10万字以上の情報のなかを泳ぐ…

以前、カリフォルニア大学の 世界情報産業センターは、 人々の毎日の情報消費量について 驚き…

「分かりやすく」「気持ちよく」「摩擦の少ない」情報以外も見えるようになるのが、大…

DDTという有機塩素系の農薬があります。 日本では使われる場面は、ほとんどありませんが 今で…

人生を変える1Book・3Point・1Action 電気の父 ろうそくの科学 マイケル・ファラ…

マイケル・ファラデー(1791年~1867年) 「電磁誘導の法則」、 「反磁性」、「電気分解の法…

体感時間は一定ではない。オッドボール効果でラクに加速学習をしよう

「時間が止まって感じた」 交通事故一歩手前の瞬間や スポーツの決勝ゴールの瞬間など よく聞…

電子書籍端末(kindle)vs紙の本、読解力は本当に変わるのか?紙の本の方が良いあるポ…

読書は紙の本でしますか? それともkindleのような 電子書籍端末ですか? 電子書籍端末は秀逸…

【保存版】科学から見た速読の3つの嘘と1つの真実 5分間で2倍速になるコツも紹介…

「私はページの真ん中に 指を走らせる速読コースを受講し、 『戦争と平和』を20分で読むことが…

読書中の脳に起きるシンクロ現象 私達は物語の登場人物と本当に感覚を共有していた!

「物語に入り込む」 「登場人物に感情移入する」 読書の醍醐味の1つです。 しかし、近年この表現が比喩ではなく 本当に読者の脳にシンクロ現象が 起きることが判明しました。 1. 読書中の起きる脳のシンクロ現象 2009年 ワシントン大学の ニコル・キャサリン・スピアの 研究チームは驚くべき研究を 発表しました。 28名の参加者に、ショートストーリーを 読んでもらい、その間の脳の活動を 計測しました。 物語は、ある少年の1日の4場面を 描いたものです。 「主人公が朝

スキ
77

読書は理性と感性の冒険旅行 本を読む人が脳の中でしている2つのこと

読書の秋ですね。 紅葉の時期もあり、外に行くか 本を読むか休日に迷う方も いるかもしれませ…

あなたも朝50万字の速読をしたことがある!速読を学ぶべき本当の理由

「速読はできるようになりたいですか?」 そう聞かれたら、なんと答えますか? たぶん誰でも…

たった1ステップで発想力が11%上がった方法とは?シカゴ大学が証明した簡単・無料の…

「新しい発想がでてこない」 子供から国の宰相まで悩むことです。 大人の教育では最重要課題で…

【特別授業します!】普通の読書法の後に待つもの・4C読書法の後に続くもの

まず最初に2つの文章をお読みください.。 信じられないかもしれませんが どちらか1つが「実…

生まれて7時間後の赤ちゃんもやっている!人の人生は、「マネし合い」。

2019年、1冊の本が 大ベストセラーになりました。 非行少年の認知の問題にせまり 大きな反響…

20年前に判明していた車の運転中のハンズフリー通話が怖い理由 人は注意を向けたもの…

携帯電話を手にしながら 車を運転することは危険行為として 禁止されています。 では、手を使…

人間の赤ちゃんは【猿真似】をしない!私達は1歳の頃から、プロジェクト思考をやっていた!

1995年、世界的な発達心理学者 アンドリュー・N・メルツォフは こんな面白い研究を発表しました。 14ヶ月の赤ちゃんの前で、 スタッフが照明を点けます。 ただし、スイッチを「手」ではなく 「おでこ」で押します。 赤ちゃんは好奇心と模倣精神の かたまりです。さっそく自分も 真似をしだします。 ただし、そこにさらなる仕掛けが ありました。 1. 人間の赤ちゃんは「猿真似」はしない スタッフは、自分の手について 寒いふりをして毛布で隠している パターン(下図a)と その

スキ
98