マガジンのカバー画像

「4C速読・読書・学習法」大百科

93
4C|change(変化)・challenge(挑戦)・chance(機会)・choroi(ちょろい)! 既存の「読書会」・「速読」・「学習法」の 常識を覆すアウトプット主体 … もっと読む
運営しているクリエイター

#宝地図マスター

世界の超富裕層1%が4割の富を独占する世界。格差を狭めるのは、「お金」ではなく「時…

1.  世界の超富裕層1%、4割を独占 年末に次のようなニュースが 飛び込んできました。 □ …

2022年以降は「速読的生き方」が主流になる 誰もが日々10万字以上の情報のなかを泳ぐ…

以前、カリフォルニア大学の 世界情報産業センターは、 人々の毎日の情報消費量について 驚き…

トーマス・エジソンの人生を変えた運命の1冊の本。発明王の人生の3つの誤解と1つの新…

トーマス・アルバ・エジソン (1847年~1931年)。 言わずとしれた発明王です。 「白熱電球」…

電子書籍端末(kindle)vs紙の本、読解力は本当に変わるのか?紙の本の方が良いあるポ…

読書は紙の本でしますか? それともkindleのような 電子書籍端末ですか? 電子書籍端末は秀逸…

核心をつく答えは、核心をつく質問から生まれる。交渉も学習も上手くいく質問法とは?

2012年、ウォールトンスクールの 3人の研究者はとても 面白い研究を発表しました。 実験の参…

読書中の脳に起きるシンクロ現象 私達は物語の登場人物と本当に感覚を共有していた!

「物語に入り込む」 「登場人物に感情移入する」 読書の醍醐味の1つです。 しかし、近年こ…

最も安くて誰でもできる最強の勉強法は、【テストすること】+α。このαとは?

「ここテストに出るよ!」 そう言われれば、どんな勉強嫌いでも ちゃんと授業を聞きますよね。 特に落第や降格がかかった場面であれば。 「あとでテストをする」ことを 予定してから勉強をする。 ある意味、最もシンプルで効果のある勉強法です。 しかし、科学的にみるとさらに効率よく しかも楽しい勉強法があるのです。 1.テスト+αの「α」とは? 2014年 ワシントン大学の ジョン・F・ネストジェンコらの 研究チームは画期的な研究を発表しました。 56名の学生の協力のもと

スキ
79

読書は理性と感性の冒険旅行 本を読む人が脳の中でしている2つのこと

読書の秋ですね。 紅葉の時期もあり、外に行くか 本を読むか休日に迷う方も いるかもしれませ…

2,300年前だって人生の転機は「本屋さん」にあった 今も成功者に愛される古代ギリシ…

「事業が失敗して無一文のときに ふらりと入った書店で1冊の本を 手に取る。そこに書いてあっ…

あなたが4歳~5歳の頃に受けた「話し方」の授業 大人の問いかけ・読み聞かせが可能性…

あなたは話し方は誰から 学びましたか? プロでもない限りは 「なんとなくできた」という 感…

スタンフォード式プレゼンの授業。数字の約12.5倍、相手の記憶に残る要素とは?

アメリカ屈指の名門校 スタンフォード大学。 そこで毎年、秀才ぞろいの 学生達を驚かせる あ…

記憶力を上げるには、「落ち着かない」こと 感情体験が残る記憶を創る

「記憶術」 能力開発における 永遠のヒット商品です。 誰もが欲しい能力ですよね。 では、そ…

やっぱり、プレゼンは彼から学べ!Apple創業者スティーブ・ジョブスは「寄り添い」の…

「プレゼンは、スティーブ・ジョブスに学べ!」 などと今更言うのは、あまりにベタすぎます。 …

「技を盗め」「背中をみておぼえろ」は時間がかかりすぎる!英国を救った超短期職人ワザ伝授メソッドを公開!

オンライン教育が全盛です。 あらゆるコンテンツがYouTubeや Udemyにあります。 しかし、価値ある技術ほどやはり 対面で直接習わなければ、身につきません。 とはいえ、職人ワザであればあるほど 言語化しにくく、「盗んでおぼえろ」 「背中をみて学べ」となります。 それではあまりに非効率です。 ではどうすればいいか? 第二次世界大戦下のイギリスを救った 超短期職人ワザ伝授メソッドをごらんください。 1.  戦闘機オタクがイギリスを救った! 第2次世界大戦中のこと。

スキ
63